~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~
  • 2020/10/02
  • 2020/09/26

☞【ルイス・フロイスの、話は長い。】『ルイス・フロイスが見た 異聞・織田信長』(時空旅人編集部、2018年、三栄書房)

ちょっと親近感を覚えてしまうんですな。 【ルイス・フロイス】 1532年、ポルトガル生まれ。 10歳より王室で雑務に従事。 17歳、ザビエルに憧れイエズス会に入会。その2ヵ月後にはゴアでの修行を開始する。 ちなみにイエズス会は、「①贅沢しない、②上位者に服従、 […]

  • 2020/10/01
  • 2020/09/30

☞【1523年、寧波の乱はとんでもなかった!】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書)

『分裂から天下統一へ』より。 第1章「戦国―自立する地域」の第1項、【将軍家分裂と室町外交の終焉】をpick up。 (勘合貿易をめぐる大内氏と細川氏) ★明との貿易は、足利義教の時代に「勘合貿易」として復活した(1433~)。 義満の時代が有名ですが、4代将 […]

  • 2020/09/30
  • 2020/10/07

☞【銀と倭寇、世界史の中の日本史】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書:シリーズ日本中世史④)

なぜ、江戸時代は「お米」で納税? ようやくこの疑問が解決しました。 ひとつ。 まず認識として、「江戸時代から」米納ではなく、「豊臣時代には」既に米納。 そのための「太閤検地」じゃ。 ふたつ。 明が「銀」経済圏となり、銅の価値が減った。日本への流入も減少。日本国 […]

  • 2020/09/29
  • 2020/10/02

☞【そして、秀吉の“家来”に。】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

『戦国期足利将軍研究の最前線』より、読書メモ。 第3部:たそがれゆく足利将軍家。 §9.13代将軍・足利義輝は、なぜ殺害されたのか?(山下真理子) (はじめに) ★1565年5月19日、義輝が京都の将軍御所で暗殺される。 三好義継(1549?~1573、三好家 […]

  • 2020/09/28
  • 2020/09/28

☞【足利家はしぶとい?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

『戦国期足利将軍研究の最前線』より読書メモ。 第2部:戦国期足利将軍たちの“生き残り戦略” §3.裁判制度からみた足利将軍の実像(山田康弘) (はじめに) ★「足利将軍家=細川氏の傀儡説」には再検討の余地。 (戦国期には、どのような「裁判所」があったのか) ★ […]

  • 2020/09/27
  • 2020/09/27

☞【1493年に何があった?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

『戦国期足利将軍研究の最前線』より読書メモ。第1部:室町時代から戦国時代へ。 §1.「応仁の乱」後、足利将軍家は没落したのか?(小池辰典) (はじめに) ★応仁の乱後、義尚、義稙とも多くの大名を従えて近江遠征しているため、応仁の乱によって将軍家がただちに没落し […]

  • 2020/09/26
  • 2020/09/27

☞【足利将軍15人言えますか?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

『戦国期足利将軍研究の最前線』より。読書メモ。 §0.知られざる7人の戦国足利将軍たち(山田康弘) 【9代:足利義尚(よしひさ)】 戦陣に散った「若き貴公子」 ★1465~1489.(在位1473~1489.)★応仁の乱の最中に9歳で就任。★父の介入に悩まされ […]