~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【戦後史をわかりやすく!】『やりなおす戦後史』(蔭山克秀、2015年、ダイヤモンド社)

読書メモはコチラ

著者はカリスマ予備校講師。専門は公民科で、政経、倫理、現代社会もこなす。

この著者のことは『世界を動かす「宗教」と「思想」が2時間でわかる』(蔭山克秀、2016年、青春新書インテリジェンス)で知ったが、こちらも実にわかりやすかった。戦後史はコレ1冊でOKと思う

さて、今まで「戦後の復興」は「朝鮮戦争特需」によるものと思っていたが、実はその2年前にGHQ内部での抗争により

GS(民政局)からG2(参謀第2部)へ権力が移行(1948年)

したことが重要。

これにより、それまで道路一本すらまともに作らせてもらえなかった日本が、「反共の砦」としてアメリカン・ファミリーに加わったのだ。

GSの政策は、というと、とにかく「日本の弱体化」。

「武装解除」に始まり、「公職追放」、「東京裁判」、「中間賠償」、「在外資産賠償」。公職追放で次期首相最有力であった鳩山一郎が追放されたことは有名。

さらに、「財閥解体」、「農地改革」、「労働組合の育成」。これらはすべて日本の弱体化を意図している。

そして、「保守的な思想が軍国主義につながった」と考えて、日本国憲法作成、皇国史観に基づく学校教育の撤廃(教育基本法制定)、プレスコードの制定、政治犯として投獄されていた共産党幹部の釈放、社会党・片山哲の首相推薦なども全てこの時期。

しかし、アジアにおける社会主義の台頭に脅威を抱いたG2のウィロビー少将が日本を反共の砦として利用するようトルーマンに進言。これにより、「GHQのまわれ右」となり、日本の戦後復興が本格的に始まった。

※GS内に汚職が蔓延したのも原因と考えられるが、これもまた策略と言う説がある。

社会党と連立を組んでいた民主党の芦田均が「昭和電工事件」で失脚し、吉田茂が首相になったもこれによるのだ。

※その後、芦田均は無罪放免。

「戦後日本史は軸がないけど、アメリカを軸と考えるとわかりやすい」

という。戦後史をわかりやすく説明する本として、この本を上回るものはなかなかない。

※ただ、今の時代において他国との関係なしに独力で問題を決定できる国の方が少ないのでは?と思ったりもしてしまうが?(大事なことほど。)どうなんだろう。

ただ、あえて批判を書くとすれば、アメリカとの関係をみると軸がみえてくると書いておきながら、アメリカの歴史、年表についての記載が少ないので、この本でもわかりにくい、と感じる人はアメリカの歴史について、簡単に知る必要があるであろう。

書籍はコチラ↓

やりなおす戦後史 本当はよくわかっていない人の2時間で読む教養入門 [ 蔭山克秀 ]価格:1,728円
(2019/5/15 08:47時点)

電子書籍はコチラ↓

やりなおす戦後史【電子書籍】[ 蔭山克秀 ]価格:1,555円
(2019/5/15 08:48時点)