~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

☞【1920年代、“平均的アメリカ人”の出現】『シリーズ アメリカ合衆国史③20世紀アメリカの夢』(中野耕太郎、2019年、岩波新書)【第3章-2】

引き続き「1920年代、アメリカ」について。

「平均的アメリカ人」という概念とその問題点は現代にも大いに通じると思いました。

2.新しい時代

繁栄の20年代

★1922年には戦後不況は終焉し、未曾有の大好況となった。1928年までの7年間のGDP伸び率は40%。フォード車はその代表。石油、電力産業も好況。

この時代、既にクレジットカード払いが一般化していたというのがスゴイ。

★娯楽も栄え、ジャズや映画も盛況。黒人のジャズを白人が聞く。人種の壁はこういった場面では関係ない。

T型フォード

「新しい時代」の協同的国家

★略

平均的アメリカ人

★歴史学者オリヴィエ・ザンズによれば、この時期、「平均的アメリカ人」という概念が生まれたという。

★それは、文化的に平準化され、「中流意識」を獲得した新しいアメリカ国民像である。

★そして、新進の広告技術でこの「規格化された中流」像が宣伝されると、人々は進んでこれに接近していった。

つまり、戦間期の大衆消費社会は行動経済学的に発生したものだという

★さらに、この志向はアメリカを超えて欧州にも飛来した。欧州でもジャズやハリウッド映画が流行するのである。そして、彼らは豊かなアメリカ人の生活様式を模倣した。

★文化の画一性をもってして世界の平和が促進されると信じるものもいた。

なんか不吉な足音が聞こえるなぁ

1920年代の大衆社会

★このような「大衆社会」に対しての批判も生じた。人々は常に歪んだ情報を受け取っている。「不完全な情報認知」に依存した「民衆自治」は危ういので、専門家が政治を行なうべきということを主張もみられた。

★当時、投票率は大幅に低下している。民衆は「自分たちが、理解したりあるいは統制したりするにはあまりに巨大な力の流れにとらえられている」と感じ、「政治行動の有効性に対して・・・懐疑的に」なっているというのだ。

現代にも言えんかね?

新しい潮流―フェミニズム

★政治に無関心な層が増える一方で女性と黒人は存在感を増した。女性参政権が批准されたのもこの時期である。

★助産師が免許制になったのもこの時期。

新しい黒人

★アメリカ黒人は破約から帝国主義と人種主義、そして世界大戦の密接な関係を指摘していた。しかし、旧来のアメリカ黒人はアメリカ自身の植民地支配には無自覚であった。

★西インド諸島出身のマーカス・ガーヴェイの運動はその点、画期的で、アメリカ黒人のアフリカ人としてのアイデンティティを強く喚起するものであった。

★また、米海兵隊によるハイチ統治を糾弾したJ.W.ジョンソンなども現れた。

書籍はコチラ

20世紀アメリカの夢 世紀転換期から1970年代 (岩波新書 岩波新書〈シリーズ アメリカ合衆国史〉) [ 中野 耕太郎 ]価格:946円
(2020/11/2 18:13時点)
感想(0件)

続いて【世界恐慌真っ只中で行なわれた1932年11月の大統領選挙