~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

引き続き日米関係について。

1924年に「排日移民法」が制定と言われておりますが、

日本だけが除外されたわけではありません。

クーリッジ大統領
むしろ私は日本との関係を重視したかったので反対しておりました。

しかし、反対派の議会が可決してしまうのです。

二大政党制っていうのも、良いんだか悪いんだかわかんねぇや。

8右 1930年代に右翼・軍部によって再度強調(p175)

制定当初は反米感情がありましたが、すぐに鎮静化しました。

しかし、1930年代に入って、蒸し返されるのです。

移民のおかげで発展しましたが、増えすぎると国民の仕事が取られてしまうんですよね・・・

 

現代にも通じますねぇ~。

でも経済的に結びつきの強い日本さんは特別にしてきたつもりですよ、以下、年表。

大正時代の日米関係年表

1906サンフランシスコにて

公立学校に通う日本人学童を東洋人のための学校へ転校させようとする動きが出るが、セオドア・ルーズベルトが大統領権限で撤回させる。
他の東洋人と異なり日本だけ特別扱い
1907林董外務大臣と駐日大使オブライエンとの間で紳士協定が結ばれる

日本がアメリカへの移民を自主的に規制するという形にした
1913カリフォルニア州で州法

「市民権の無い外国人の土地所有および3年以上の貸借を禁止する」(日本人に特定したものではない。「排日土地法」と呼称しているのは日本だけ。しかも州法に過ぎない。)
1924ジョンソン・リード法(排日移民法)

「1890年を基準年としてその出身別移民数の2%に移民を制限する」というもの。コレ以前に中国、朝鮮は先に制限されている。この法律を「排日移民法」と呼んでいるのは日本だけ
東海岸ではWASPたちが移民に反対していました。

西海岸では南欧、東欧出身の労働者たちが自分たちの仕事を奪われることを懸念して反対していました。

その動きに乗っかったのが野党ですね。

コチラも↓

アメリカさんの敵意ばっかり強調してはいけねぇや。