~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

x月x日、赤レンガ館を見たいという義母の話を聞いて、舞鶴へ。

なぜ、義母が舞鶴を選んだのか、よくよく話を聞いてみると、亡くなられた父親が海軍さんだったからのようだ。

幼い頃に亡くなられたため、父親の記憶と言うのはあまりないらしいが、それなりの試験を受けて入ったような感じだと言う。

そう、当時、海軍は日本を4つのブロックにわけ、守っていた。(現在はこれに大湊を加えた5つ。)

第1海軍区は横須賀。義母の父はここに属していたようだ。

第2海軍区は呉。

第3海軍区は佐世保。

第4海軍区が舞鶴。

当時は、「鎮守府」と呼ばれていたようだが、奈良時代の「鎮守府」とは違うので混同してはいけない。

さて、肝心の赤レンガ内であるが…

それなりに、面白いが、もうちょっと何か欲しいかな、これだけを見るために舞鶴へは行かないかな、という印象…

しかし、

ちょっと、適切な写真がないのが残念だが、「舞鶴とれとれセンター」はちょっとテンション上がるっ↑↑

舞鶴へ来ることがあれば是非。

実は今回は天橋立旅行がメイン。天橋立から近いので、寄ってみたわけだ。

写真は天橋立で見たマツコ・デラックス人形。