~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

こんにちは。

今回ご紹介しますのは「舞鶴」。

x月x日、赤レンガ館を見たいという義母の話を聞いて、舞鶴へ行きました。

海軍の施設だったのですね。

なぜ、義母が舞鶴に行きたかったのか、よくよく話を聞いてみると、亡くなられた父親が海軍さんだったからのようです。

幼い頃に亡くなられたため、父親の記憶と言うのはあまりないようですが、それなりの試験を受けて入ったらしいです。

赤レンガ館で見つけた資料。

そう、当時、海軍は日本を4つのブロックにわけ、守っていました。

(現在はこれに大湊を加えた5つ。)

第1海軍区は横須賀。義母の父はここに属していたようです。

第2海軍区は呉。(呉と言えば、浜田省吾!)

第3海軍区は佐世保。

第4海軍区が舞鶴。

当時は、「鎮守府」と呼ばれていたようですが、奈良時代の「鎮守府」とは違うので混同しないように・・・

赤レンガ館内はこんな感じで、みやげ物がそれなりに豊富にありました。

カレーがトロトロなのは海の上でもこぼれないように。ってチコちゃんが言ってた。

ただ、もうちょっと何か欲しいかな、これだけを見るために舞鶴へは行かないかな、という印象…

しかし、

ちょっと、適切な写真がないのが残念ですが、「舞鶴とれとれセンター」はちょっとテンション上がるっ↑↑

舞鶴へ来ることがあれば是非。

天橋立で見た。

と言いつつも、実は今回は天橋立旅行がメインでした。