~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

うんざりするほどまとまらないチームだが、ツボにはまればとてつもないパワーを発揮する。超強力打線と軍神ストッパーが売り。

1右 脇屋義助 321.12HR
2中 山名宗全347.28HR
3左 島津氏久333.20HR
4三 足利尊氏288.50HR
5遊 足利直義300.7HR
6一 足利義教166.66HR
7DH 朝倉孝景 375.31HR
8捕 楠木正成330.13HR
9二 畠山満家300.10HR
先発:護良親王 21勝13敗2.50
中継ぎ:細川頼之 10勝3敗1.50
抑え:上杉謙信 15勝0敗0.00

右【脇屋義助】

写真はwikipediaより

群馬県民にとって、「れ」と言えば、「歴史に名高い 新田義貞」。

しかし、新田義貞に「脇屋義助」という弟がいて、鎌倉幕府倒幕時はもちろん、兄が「藤島の戦」で死んだ後も城を奪い返すほど奮戦したことはあまり知られていない。

「太平記」での登場回数は第9位。「歴史に名高い 新田義貞」&「(強いけど)歴史に名高くない 脇屋義助」とセットで覚えてたい。

※Yahoo!地図より。群馬県太田市。新田と脇屋が並んでいる。

中【山名宗全】

写真はwikipediaより

実はこの人のルーツも群馬。

※wikipediaより。 高崎の南方に「山名」という地名がある。写真は「山名」駅。

「山名時氏」がこの田舎を離れ、足利兄弟たちと転戦を繰り返した。

のちに山名一族は「6分の1殿」(全国66か国のうち11か国の守護であった)と呼ばれるほど権勢を誇るまで成長した。

ただ、直義党であったために基本的に外様。勢力の割にはいつまでも管領職などの主流にはなれなかったので、「山名宗全」の代で仕掛けたのが「応仁の乱」である。

「山名家の歴史」=「室町時代の歴史」と言っても過言ではないと思うくらい室町時代とは関係が深い。

左【島津氏久】

九州の人に話すと、さも当然の知識のように言われて逆に驚いたが、「島津家」は少なくとも室町初期から既に相当強かった

この九州の名門、島津家が現代の皇室まで影響を及ぼしていると知るとさらに感嘆する。

今川了俊との戦いの時に用いた氏久の「偽装降参」などの数々の計略は見事としか言いようがない。

もし彼が昭和期に甦ったとすれば、「玉砕せよ」などとは絶対に言わなかったであろう。

三【足利尊氏】

写真はwikipediaより。今まで平重盛と思われていた人物は足利尊氏の可能性が。(そして足利尊氏と思われていたのは高師直の可能性が。)

4番はこの人しかいないだろう。南朝史観の影響で評価が不当に低い時期もあったが、なんせ戦に強い。

しかし、細かいのは苦手で気前良く土地をあげすぎたり、かと思いきや一時期、南朝に降参してしまったり、すぐ出家・自害したがったり、猿楽にハマったり。

それらを含めて「魅力」なのかも知れないが、長らく「本人」ではない絵が「足利尊氏」として伝わってしまっていた、というのは完全に想定外であったであろう。

「多々良浜の戦」では共に10倍の敵を相手に戦ったが、弟の直義とはのちに「日本史史上最大の兄弟げんか(観応の擾乱)」を繰り広げることになろうとは。

(頼朝、義経は血のつながりがあるとはいえ、一緒に暮らしていたわけではないが、この尊氏、直義は年も近く、一緒に暮らしていた。今で言えば朝倉兄弟がケンカするようなイメージだろうか。)

遊【足利直義】

写真はwikipediaより。これって、源頼朝じゃないの??と思った人は、甘い。たしかに尊氏に似ている気もする。

実直で処理能力の高い弟。

4番サードの兄のフォローということで、5番ショートをお願いした。

結局、地方武士の多くは彼についていたために、尊氏の一家臣に過ぎない高師直は、寺社の所領に手を付けるなど少々手荒なことをしないと部下が増えないという背景があって、両者が反目し、「観応の擾乱」勃発につながった。

「中先代の乱」では敗北のどさくさに紛れて護良親王を殺害したのは隠れたファインプレー。

一【足利義教】

wikipedia

日本史史上唯一、「くじ引き」で選ばれた「くじ将軍」。

万人恐怖」を生み出したこの人をメンバーに入れるか最後まで悩んだが、やはり内野は一門で固めたかった。

嘉吉の乱」という日本史史上でも指折りの劇画チックな暗殺により命を落としたが、足利義満でもできなかった九州を平定し、鎌倉公方・足利持氏をもやっつけて全国を手中におさめ、さらに延暦寺も焼いた。

もし彼が長期政権を築いていれば、足利幕府は「強い」幕府になっていたと言われている。

DH【朝倉孝景】

写真はwikipediaより

応仁の乱の1番の「勝者」として「朝倉孝景」を推す人も多い。

その鬼のような武力によって、西軍の主力として活躍しながらも、越前守護職を条件に(結局その場では果たされず)東軍に寝返ったことで東軍は息を吹き返した。

応仁の乱はざっくり言うと、「東軍優勢」→「大内正弘上京」→「西軍優勢」→「朝倉孝景寝返り」→「東軍優勢」→「しかし終わらず」

城攻めの日時を占いなどで決めるなどもっての他」など、孝景の教えには現代でも通用するものが多々ある。 (朝倉孝景条々)

捕【楠木正成】

wikipediaより写真引用

西郷隆盛含め彼を崇める人は戦前まで非常に多かったが、はたしてどこまで彼の本質を知っていたか。

「湊川の戦い」は美談にされがちだが、「補給路を断たれてやむなく」という方が正解のようであり、彼自身はリアリストである。

のちに南北和睦派であった息子の正儀は南朝での居場所を失い北朝に寝返った時期があったことから、歴史から抹殺されていた時期もある。

二【畠山満家】

足利義教も彼の存命中はうまく抑制が効いていた。

管領と言うのは将軍と守護大名の間で相当なストレスがあると思うが、彼の管領時代が室町時代において最も安定していた

その思想は「遠国放任策」であり、不用意に首を突っ込むことの怖さ、完璧な平和を追い求めることの怖さを知っていたからこそである。

満家の子、持国が後継者を決めないまま没したところに、細川家が畠山家弱体化を狙って介入してきて、畠山義就と畠山政長の争いに発展したことも、応仁の乱の一因。

セカンドで義教の目付役もしてもらいたい。

先発【護良親王】

wikipediaより写真引用

後醍醐天皇が討幕を決意したにせよ、実際に檄をとばして最前線で戦ったのが彼。彼なくしては鎌倉幕府倒幕はなかったということで先発投手に任命。

ただ、後醍醐天皇との親子関係は非常に微妙で、足利尊氏との関係は完全にライバル。

尊氏が護良親王を讒言したことで鎌倉に幽閉されてしまったが、この時の「尊氏より主上の仕打ちが憎い」というセリフは有名。

後醍醐天皇にとっても阿野廉子との子を跡継ぎにしたかったので尊氏の讒言は「渡りに船」。悲劇の皇子でもある。

中継【細川頼之】

wikipediaより写真引用

当初、中継ぎには足利義満を入れる予定だった。

しかし、義詮が38歳で死亡し、義満が10歳という危機的な状況を救い、足利家の礎を築いた実績を評価して細川頼之をセットアッパーに指名。

「康暦の政変」で失脚したとは言っても、再び中枢に返り咲き、南北朝合一に向けて取り組むなどの実績も残す。

抑【上杉謙信】

wikipediaより写真引用

上杉謙信、そりゃ戦国時代だろっ!!と言うかも知れないが、上杉謙信は「室町時代」の人である

というのも、彼は有名無実化していたとはい「関東管領」であることを誇りに思っていて、天下統一は目指していなかったのだ。(関東管領といえば、尊氏・直義の従兄弟の上杉憲顕にはじまり、「足利学校」を再興し、「永享の乱」では足利持氏を倒した上杉憲実などがいる。)

さらに彼自身は毘沙門天の生まれ変わりであり、「鉄砲は狙っても当たらない」し、「戦場では絶対に死なない」。

野球で例えれば防御率0.00。こんなストッパー適任の人物はいないだろう。

室町時代勉強法ダイジェストはコチラ

室町時代年表はコチラから