~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

『日本人の本質』(中西輝政、2011年、日本文芸社)【後編】

清清しいまでの日本論。

前編はコチラ

第2部:精神

日本人には「人をだましてはいけない」という倫理観が、基本的に根付いている。「だますより騙される方がいい」と言われることさえあるくらい。ここにはただ「誠」、誠実さがあるのみ。

それは根本的に自分の心を磨けという事が、神代の昔から教え諭されてきたからにほかならない。

そしてこのことが、いままで度重なる困難を潜り抜けてきた日本人の底力を生み出していると考えられる。

<日本人の底力の源は「誠実であること」>

日本型戦略の極致は「五輪書」。

陸軍中野学校(昭和13年)でも「謀略の極致は誠だ」 大和心には「ますらお」ぶりもあるが、「たおやめ」ぶりもある。その両方が兼ね備わった、強靱かつこまやかで優しさを兼ね備えた日本精神が「大和心」で、こうした日本精神を身につけ、大切にしようと思うことが愛国心だと考える。

♨「たおやめ」…手弱女と書いて「たおやめ」と読むらしい。意味は「たおやかな女性。なよなよと優美な女性。たわやめ。」(デジタル大辞泉:小学館)だそうだ。

<大和心=強さと優しさが共存する精神>

日本にとって愛国=愛文明。大和心=大和魂。愛国心とは他を排斥するものではなく、国への忠誠でもない。(他の国にとって、愛国と愛文明は区別されている。)ものづくりにも神が宿る。

江戸時代の多くの知識人たちは、「正直でさえあればその人の心の中に自然に神が宿る」と繰り返し書き残している。これは今日の日本の庶民の心にも深く響き合うものを含んだ教えであり、いわゆる世界宗教とか大文明的なるものと同じ深さを持つものではないか。

<正直でさえあれば神が宿る国・日本>

もともと「神」とは稲妻の象形。奈良時代のものには「こころ」とルビがふってある。心も神も一緒。こころによって成り立つ国。大東亜戦争を否定する動きはあるが、1つの戦争で千年、二千年にわたる文化や文明の根幹を全否定することは途方もないことであるし、あってはならない。戦争は世俗の即物的な営みに過ぎない。

日本文明のアイデンティティを当時の公家も幕府官僚も、あるいは薩長の志士たちもみんながわかっていた。別の表現をするなら、「日本とは何か」を知っていて、我を失っていなかった。だから強い足腰をもっていて、ペリーとの交渉でもいろいろなところで押し返すことが出来た。

♨薩長の志士と公家、幕府官僚は全く異なる対応をしていたと思うが…。

<文明のアイデンティティを国民が共有した時、国家は最強となる>

天皇に許勅を求めたことで日本文明が覚醒する。

♨え??

大正から昭和の時代の指導者たちはわかっていなかった。明治の日本をつくった人々は総合的に大きな力を持った国に日本はなるべきだと、自らを鼓舞して国家を作ってきた。こうした総合力には、「世界から尊敬される国であるべきだ」という精神的な価値観も含まれていた。

♨違うと思う。

<幕末も明治も日本は総合力で行き抜いた>

以下、要点のみ・・・ 西郷が最も尊敬したのは楠木正成 幕末から明治にかけて来日した欧米人は異口同音に「日本は他のアジアとは違う」と口にした

ラフカディオ・ハーン

「日本の国民性のうちに、利己的な個人主義が比較的少ないことは、この国の救いであり、それがまた、国民をして優勢国に対して自国の独立をよく保つことを得せしめたのである。このことに対して、日本は、自国の道徳力を想像し保存した、2つの大きな宗教に感謝してよかろう、その1つはかの神道、それともう1つは、かの仏教である」

ちなみにルース・ベネディクトの「菊と刀」はハーンの業績。ハーン「シェークスピアの話も、キリスト教について何の知識も持たない人にとって何が何だかわからないように、神道を理解せずして日本文明の不思議さ、珍しさはわからない」

日本の文明とは本来、非常に深く精神的なものである。明治時代に日本を訪れた欧米人が口をそろえて讃美したのは、「この国ほど、貧しいけれど心を重んずる国民はない」というものであった。彼らは皆、この国の最大の特徴をして、日本文明のもつ精神の豊かさを挙げている。ここから、日本が一国で立つことの根幹には、まず何よりも「心によって立つ」ことが重要だとわかる。

♨たしか、小泉八雲と同時期に日本を訪れた人で日本を酷評した人もいたと思ったが…(思い出せず)。

日本にとって国際交流とは全て異文化交流である。しかし、「1人で立つ」という気概と、心によって立つことで日本は輝きを取り戻すであろう。

スターリンと日ソ中立条約を結んだ直後に、独ソ戦がはじまる。(昭和16年9月)この時、松岡洋右は我々もソ連に攻め込むべきと言うが、昭和天皇は激怒、松岡の罷免を近衛に要請。近衛はこれを断り、最終的には内閣総辞職となったが、いったん結んだ条約は守る、という姿勢を示すものであった。 【コチラも:昭和史講義

♨しかし、これの評価は難しい。もしも、北進していたら結果は別物になったであろう。ただ、数百年単位で考え、「約束を守る国」であることをとった、ということだが。

♨松岡が罷免されたのはアメリカからの要請だったと思っていたのだが、そういうこともあったのか?

三国同盟に際しては、「独伊のごとき国家」と結ぶことを懸念。ファシズム国家についてである。

エリートは国家的視野で考えなければならないが、昭和10年生まれ以降は霞が関の論理が優先されている。バブル崩壊前にしてもアメリカの言いなりになりすぎた。所詮は成りあがり国家だろう、くらいに白洲や吉田らは考えていた。(白洲「君たちもきちんといい教育を受けたら俺ぐらいは英語を喋れるよ」とアメリカ人に)

日本らしさは優位。日本式経営は参考にされている。

日本人は日本らしさを追究すべし。

♨最後のこの考えには非常に同意。もっとも、国籍関係なしに「自分らしさ」を追究するという意味においてであるが。(「日本人は」と限定するとハーフはどうなんだとかいろいろ出てくる)

第3部:歴史

日本文明史上、聖徳太子の「対中華対等」外交は画期的。26代継体天皇(507~531)~29代欽明天皇(539~571)の頃、改革機運が高まり、推古天皇時代が一大変革期。

元寇ではカミカゼ云々より、戦うことを回避しなかった武士団の決意こそ勝因。朱元璋の遺訓に「日本は攻めてはならない」とあるため、義満の次の義持が冊封を拒んでも、永楽帝は攻めてこなかった。

吉田松蔭は技術ではなく、精神が国を守ると説く。つまり、和魂洋才。 皇室の伝統は日本民族にとって大いなる資産であり、天皇制を廃止したら日本人はキリスト教を失った西洋人のように狂って統治できないであろう、とGHQ。

和魂無才、無魂洋才ではダメ。無魂無才になろうとしているのが今。

日露戦争は世界各国の歴史教科書にも記載される一大事件。

大東亜戦争の見方は4つ。

①悲惨な戦争、やるべきでなかった戦争、間違った戦争
②邪悪な戦争、侵略戦争、という確信犯的左翼思想
③愚かな戦争、特に日独伊三国同盟が愚行。それとアメリカを入れてしまったこと。これは認めないといけない。
④栄光の戦争、民族の一大叙事詩。指導者層はおろかだったが、国民は英雄であった。アジア解放の戦いと信じて戦ったものも多い。戦争犯罪が少ない。

今は日本が侵略される可能性の方が高いので、軍国主義の再来はまずない。 日本がこれから国策のナンバー1に据えるべきは農業。

第4部:国民

民力こそ大事。家康は明とは貿易をしなかったことに注目。ペリーが日本に来て驚いたのは毎日お風呂に入っていること。これは穢れの精神か。沐浴もあるし。

(♨単に水が豊富なだけでは?)

いまだに階級社会が存在する国もある中で、四民平等をやったら本当に平等になったのはすごい。

(♨うーん…。ホントに平等か・・・)

第5部:政

★児玉源太郎:台湾の利権は全て明石元二郎のインテリジェンスに使われ、ロシア革命を生じさせた。私財に使わなかったのがエライ。