~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【歴史の勉強を社会に生かそう。『日本人論の危険なあやまち(高野陽太郎、2019年、ディスカヴァー携書)】

東京大学名誉教授の新刊です。先生のご専門は認知心理学、社会心理学。

本書で驚いたことは「日本的企業論」についてです。

日本企業は「年功賃金」、「終身雇用」、「企業別組合」が「三種の神器」となっているそうですが、

1)「年功賃金」は、実はアメリカと同じで、いずれも50歳で頭打ち

2)「終身雇用」は、日本が特殊なのではなく、アメリカの転職率の高さが特殊。アメリカ以外の国はそれほどでもない

3)「企業別組合」に相当するものとしてアメリカでは「産業別組合」があり、ないわけではない

とのことです。

また、「日本人=集団主義、没個性」みたいな風潮もありますが、これは、 明治時代に日本に来た外国人たちが日本人を「個性がない」と評したことから来ているそうです。

(単に、英語がしゃべれなかっただけでは?・・・)

この「日本人論」を喧伝したのは、「パーシバル・ローウェル」という金持ち。

この人は、「日本人には恋愛感情がない」など、現代の感覚で言うとトンチンカンなことも言っています。

ほか、「火星の縞模様は火星人が作った」とか。

同じアメリカ人でも源氏物語研究者が書けば全く違ったものに・・・と著者は嘆いております。

しかし、本当に困るのは、こういう人によって植え付けられた「先入観」。

ちょっと昔は「サッカーで日本人がゴールをとれないのは日本人が個性がないから」って言われてもいましたが、これは「日本人が個性がないから」ではないですよね。

また、「欧米人は個人主義、日本人は集団主義、それは大いなる幻想」とも書かれおりますが、日本史に出てくる登場人物を知れば知るほど、それは幻想だと思います。

類似の書籍として、山岸俊男先生の「日本の安心はなぜ消えたのか」も紹介します。

いずれにしても、日本人が日本人自身をステレオタイプに嵌め込むことは、自らの可能性であったり、真の姿、人間らしさを消してしまいます。

「高度成長期」は、「日本人が集団主義だから」成し得たわけではなく、当時の国際情勢がもたらしたものでしょう。

この本を読むと、日本人の特長が同質性ではないことがよくわかりました。

よって、もし他人と意見が違っても、全然、それを恥じることはありません!

書籍はコチラ

amazon

日本人論の危険なあやまち 文化ステレオタイプの誘惑と罠 (ディスカヴァー携書)新品価格
¥1,210から
(2019/11/15 20:10時点)

楽天

日本人論の危険なあやまち [ 高野 陽太郎 ]価格:1,210円
(2019/11/15 20:11時点)
感想(0件)

楽天電子書籍

日本人論の危険なあやまち ー文化ステレオタイプの誘惑と罠ー【電子書籍】[ 高野陽太郎 ]価格:1,089円
(2019/11/15 20:12時点)
感想(0件)