~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【武士道が日本を滅ぼす?】『日本の「安心」はなぜ、消えたのか』(山岸俊男、2008年、集英社)

作者は社会心理学者の先生。

「武士道」「品格」が日本をダメにする!!

と、帯に書かれているけど、それはどういうことだろうか?

つまり、あまりにも「主君」を大事にすることで、「食品偽装」、「粉飾決算」などが起きてしまう、というのだ。

世に言う「ブラック企業」であったり、「部活動の顧問、先輩による体罰」なども、その延長線上にあるだろう。

そもそも、江戸時代の武士たちは、「武士道」を学んだから、「主君」を大事にしたのであろうか?

忠臣蔵をはじめとする時代劇やテレビドラマなどを観ると、江戸時代の武士はそうだったに違いない、という錯覚に陥る。

しかし、大方の武士は、「そうにふるまう方が得をする」ことがわかっていたから、「武士道」っぽくふるまっていたに過ぎない

ましてや、「日本人だから」という理論も成立しない。

そういうことを知らずに、武士道を妄信してしまうと、とても息苦しい社会になってしまうだろう。

さらに、武士道とは「統治の倫理」である。支配者が安定を求めるのであれば、支配者に忠義の姿勢を示してくれるのが一番ラクだ。

しかし、これでは混沌とした時代、変化の多い時代に対応できない。そこで市場の倫理である「商人道」という発想を紹介。

武士道に代表される統治の倫理とは、結局のところ、社会体制を維持するために権力者が守るべき道徳律に他なりません。…これに対して市場の倫理とは、権力に頼ることなく、おたがいに繁栄していくためにはどう行動していくのがいいのかと考えたときに生まれたモラルの体系であると言えるでしょう。…商人道であり、市場の倫理であるといえます。

 

第10章「武士道精神が日本のモラルを破壊する」より(p256)

ここで、「商人道」と言う言葉が出てきたが、「商人道」を説いた人物として、江戸時代に「石門心学」を説いた石田梅岩を紹介している。

武士道よりも商人道の方が大事、ということは、社会人にはとても必要。これが成立しない職場はよっぽど異常。

武道をやっておられる方が、「武道をやれば、精神が鍛えられる。精神が鍛えられれば今言われているようなブラック企業でも働けるんだ」と真顔で言っていたが、それではダメなのだ。

そして、「品格」。

いくら国民に徹底した倫理教育を施したところで、「いい国」「美しい社会」など生まれないということは歴史が証明しているからです。なぜ教育改革論者たちは、こうした歴史の教訓に対して無関心なのでしょうか。

 
第1章「「心がけ」では何も変わらない!」より(p21)

結局、品格うんぬんなんて求めるのではなく、利害をちゃんと調整することの方が大事だし、健全。

お金を稼ぐことだって悪いことではない。

是非、一読を。

書籍はコチラ↓

日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点 [ 山岸俊男 ]価格:1,728円
(2019/5/20 12:26時点)
感想(3件)