~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

つづいて、1930年の「昭和恐慌」

第1次世界大戦終戦の戦後恐慌以後、日本は慢性的な不況でした。

【第1次世界大戦後の不況】

1920年 戦後恐慌

1923年 震災恐慌

1927年 金融恐慌

1930年 昭和恐慌

間違えやすいから整理を!

とくに、1927年の金融恐慌と、1930年の昭和恐慌。

いずれも高橋是清が解決したことから混同しやすいけど、

全然違うから!

金融恐慌 昭和恐慌
1927年1930年
若槻禮次郎首相浜口雄幸
片岡直温(なおはる)大蔵大臣の失言と、台湾銀行経営危機による金融不安(引き出しが殺到)原因世界恐慌という最悪のタイミングで金解禁(デフレと金流出)
若槻内閣総辞職および田中義一内閣で緊急的に大蔵大臣となった高橋是清が非常貸出、支払猶予例(モラトリアム)を施行し、金融不安を解消させた。その間に台湾銀行も救済。解決1931年12月、犬養内閣における高橋是清大蔵大臣により金輸出再禁止、管理通貨制度への移行。円安に助けられて輸出が伸びたことと、積極財政により1933年には元の水準に戻る。
インパクトの大きさという点では「昭和恐慌」なんです。
しかし、なんでそんな最悪なタイミングで金解禁なんてしたのでしょうか?

【金本位制のメリット】

★為替相場の影響が少ない。

(輸入超過に陥った場合でも金で支払うことができれば、相手通貨の需要が高まり為替が変動することが無い)

★自動調節作用がある。

(輸入増となって金が流出すると通貨縮小となり景気後退、物価下落→輸出超過、金の流入に転じる)

井上準之助
為替相場の安定は、安定した貿易を望む商社の要求ですね。

また、財閥系大銀行は金利の高い海外への投資を切望していました。

【しかし、日本の状況は】

★円安と、恐慌処理のための通貨膨張によるインフレ状態。

★国際競争力は低下して輸入超過に陥るという悪循環。

井上準之助
それでも金解禁は悲願です。
石橋湛山
たしかに、あなたほど金解禁に正面から向かった人もいない。

ただ、私の方法はちょっと違う。

【金本位制の歴史】

★イギリス(1816年)、ドイツ(1871年)、スウェーデン、デンマーク(1876年)、アメリカ(1873年)が金本位制を採用。フランス、ベルギー、イタリア、スイス、ギリシャも1878年には金本位制に近い状態になった。日本も1878年に金本位制を採用

★しかし、第1次世界大戦にともなう国際経済の混乱によって各国は先を争うように金本位制から離脱。金の流出を防ごうとした。日本の保有する金への需要が高まることを懸念して、1917年、日本は金本位制から離脱。(戦時には金本位制の自動調節作用は機能しなかった。)

★1919年のアメリカを皮切りに各国が金本位制に復帰したのに対して、日本は躊躇した。当時、金保有高は過去最高となっていたが、戦後不況を脱却するための財政、金融政策を優先した。

★1920年の戦後恐慌で大量の通貨を流通させることで不況を乗り切ろうとしたが、それは金本位制への復帰を遅らせることにもつながった。

その後も、1923年の震災恐慌、1927年の金融恐慌が続き、金本位制復帰へのタイミングを失っていた

【金解禁をめぐる2つの考え】

【旧平価法と新平価法】

★旧平価法・・・1897年に制定された「貨幣法」による交換レートでの金解禁。これだと、100円=約50ドル。

★新平価法・・・実際の為替レートでの金解禁。これだと100円=40~45ドル。

石橋湛山
旧平価だと円高となり輸出価格高騰となり国際競争力がさらに低下する。

新平価ですべきでしょう。

井上準之助
また貨幣法を変えないといけなかったりしますよね。

まずは走り出すべきでしょう。

それに国民の意識改革も必要です。

旧平価法で断固行ないます。

高橋是清
えー、ワシはそもそも金解禁に反対じゃ。

井上準之助は国民の倹約を奨励しました。

官吏の給与も減らすことを宣言しました。

しかし、これには各方面から反発があり、撤回します。

これが10月22日。

【世界恐慌から昭和恐慌へ】

1930年1月11日が金解禁日でした。

しかし1929年10月24日に大崩落します。

いわゆる、「世界恐慌」の始まりです。

金解禁のタイミングとしては最悪なんじゃないでしょうかね。
アメリカにおける株価下落の原因】

①アメリカ経済を牽引していた自動車、電気、住宅などの産業が1927年頃から頭打ちになっていたこと

(それにも関わらず独占企業の成長で価格低下が進まなかったことから消費が冷え込んだ)

②所得格差が広がっていたこと

(農業分野、工業労働者の所得が伸びず、内需の足を引っ張った)

③1925年にイギリスが金本位制に復帰した際、アメリカが低金利政策と金融緩和でイギリス経済を支援したこと

(市場にあふれた大量の通貨は、景気を刺激して株価を異常に上昇させた。バブル景気である。)

★アメリカは雇用、生産、投資いずれも急激に悪化。

★イギリスは金での支払いを求める外国人投資家が殺到。1931年9月21日、金本位制断念。

日本は大量の金が国外に流出して不況のどん底に。(→昭和恐慌)

【昭和恐慌】

★昭和恐慌の原因は世界恐慌だけではありません。すでに浜口内閣のデフレ政策によって個人消費などは冷え込んでいました。

★世界恐慌後は、生糸、綿織物の輸出が打撃を受けました。また、各国は自国経済保護のために関税引き上げが行なったため、日本製品は不利になりました。

「大学は出たけれど」が流行語になったのはこの時期です。就職難および失業者も増加し、社会問題となりました。

小津安次郎ですな。

最も大きな影響を受けたのは農村です。養蚕業が打撃を受けたことに加え、米の収穫高が上がることが予測されたことで米価格が低下しました。欠食児童、身売りが社会問題になりました。

何とかせねば・・・。

右翼的な労働運動、右翼的な農民運動も広がった

こちらも何とかせねば・・・
それでも1930年2月20日の第17回衆議院総選挙では民政党が勝利するのです。
11月に浜口雄幸首相が襲撃されてしまうのは、不況もあったにせよ、

ロンドン海軍軍縮問題における「統帥権干犯問題」の方が大きいのじゃないかな。

これは緊縮財政が軍部にも及んだことで、海軍の反発も生んだけど浜口首相は一歩も引かなかった。

男子の本懐、ってやつですな。

【まとめ】

★1930年1月、浜口雄幸内閣(井上準之助蔵相)において金解禁が行なわれる。

★世界恐慌の中で行なわれたことも相俟って、「昭和恐慌」と呼ばれる不況が訪れた。

★1931年12月の犬養毅内閣(高橋是清蔵相)で金輸出再禁止、管理通貨制度移行を行い、恐慌から脱出。

【浜口雄幸内閣の意義】

①金解禁の断行、日本の慢性的な不況に正面から向き合う
②社会政策の推進(身売りなどの社会問題が生じたが、不況に対して手を差し伸べなかったわけではない)
③ロンドン海軍軍縮条約をめぐり、海軍、枢密院に対して引かず

戦争とファシズムの時代へ (日本近代の歴史) [ 河島 真 ]価格:3,080円
(2020/11/5 22:07時点)
感想(0件)
良本です。
男子の本懐 (新潮文庫 しー7-15 新潮文庫) [ 城山 三郎 ]価格:825円
(2020/11/9 00:28時点)
感想(8件)
城山三郎、男子の本懐。
井上準之助はロックフェラーの手先、ってマジ?
一度失敗したくらいで井上準之助の評価をするな!
浜口首相が襲撃され、金解禁の責任問題があやふやなまま終わったことは問題の1つ

次は【満州事変(前)