~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【劇画と割り切れば結構オモロイ!記憶に残る!】『仕組まれた昭和史~日中、太平洋戦争の真実~』(副島隆彦、2018年、コスミック出版)

もしかすると、これはとんでもないレベルの「トンデモ本」に属しているのかも知れない。「思想劇画」というジャンルも初めて聞いた。しかし、それらを差し引いても面白かった。

敵味方がハッキリしている(し過ぎている)ので、わかりやすいと言えばわかりやすいのだが、よーく読むと、理由付けが単純すぎる気がしてならない。結果は正しいので、大きな流れとしては間違っていないとは思うのだが・・・。

だからこそ、ちゃんと教科書的な知識を得ることの重要性をより一層感じた。そういう面でも一読の価値はあった。

以下、読書メモと随想。

§1.近代日本はロスチャイルド家が育てた

のっけからロスチャイルドvsロックフェラーの話。

ロスチャイルドの覇権に対してロックフェラーが田中義一を従えて立ち向かう、という構図を打ち出す。

昭和初期の金融恐慌で伊藤巳代治が若槻禮次郎首相を助けなかったのは、同じ長州閥の田中義一を首相にしたかったためだが、長州閥はロスチャイルド系。田中義一は表向きはロスチャイルド系なのであるが、裏でロックフェラーとつながっていた…という。

♨この時の伊藤巳代治と若槻禮次郎の顔が絶妙。当時、幣原外交により満州事変が解決の方向に向かいつつあっただけに、若槻内閣倒壊は非常に重要な側面を持っているが、枢密院が重要な役割を果たしていたのか…。ちなみに、有名な片岡蔵相の失言が即総辞職に結びついたわけではないことも付記したい。

♨倉山満先生の「満州事変」によれが、若槻内閣が少数与党政権であって議会で通りそうも無いから枢密院に話をもってきた、枢密院に責任を負わせようという魂胆だったので枢密院が反対した、というのが本筋、という。

★昭和金融恐慌(1927年)の時の首相が若槻禮次郎で、その後に長州系の田中義一が就いたということは必修事項。ついでに失言した片岡直温蔵相も覚えておきたい。若槻内閣の後を継いだのは田中義一首相&高橋是清蔵相の立憲政友会。モラトリアム政策などで昭和恐慌を鎮静化。

★世界恐慌(1929)と混同しないように。

★なお、若槻禮次郎は満州事変(1931)の時の首相であることも必修。そして、退任後に五一五事件(1932)が起きるのだ。

§2.田中義一が導いた戦争への道

実際はそう単純化できないのかも知れないが、「ロックフェラー&渋沢栄一(三井)&田中義一(政友会)」vs「ロスチャイルド&岩崎弥太郎(三菱)&浜口雄幸(民政党)」。こういうのはプロレスの6人タッグマッチを見ているようで、わかりやすい。

田中義一は、ロックフェラーの手先として日中が戦争するように仕向けた大悪人である、と。(もし田中義一が蒋介石に協力して一緒に共産党を倒していれば、こうはならなかった、と。)

♨実際はもっと複雑。第1次山東出兵と、第2次・第3次山東出兵を一緒にしてはいけない。当時はまだ軍閥が跋扈している状態であり、「日中」というざっくりな括りはどうかと思う。【昭和史講義:コチラ】

♨居留民保護が山東出兵。実質的に決定したのは森恪。吉田茂も奉天総領事として東方会議に参加。吉田茂は軍よりも強硬論。(倉山満先生)

♨世界史の勉強では一言も出てこないが、とにかく田中義一が日本史上において重要人物であることはわかった。

★徹底して田中義一を叩いているが…世界にはもっと極悪人がいることも知っておきたい。

§3.金解禁を仕掛けたウォール街

1910年代は時代の転換点。パックス=ブリタニカからパックス=アメリカーナへの移行、辛亥革命による中華民国の成立、ロシア革命によるソ連の成立。そして何より、ロスチャイルド家からロックフェラー家への覇権の移行。(このあたりは馬淵先生の本にも書かれていた。)

第1次世界大戦や世界恐慌もロスチャイルドを叩くためにロックフェラーが仕掛けたものという。

その中で井上準之助は、「ロックフェラーの手先として金解禁を断行した大悪人」ということに。実際に、日本は大打撃を受けたので結果を見ればたしかに大悪人となるが…。

♨1910年代が激動期であったことは確か。大正時代はすっとばされることが多いが、やっぱり重要であると思うし、世界史の知識はやっぱり重要。

♨大学生の頃、城山三郎「男子の本懐」を読んで、井上準之助ってすごい人だったんだろうな、と思っていたけど、「どっちかというと失敗」というのが現在の通説か。むしろ高橋是清ほどすごい人はいない。

★1910年代というのは、イギリスからアメリカに覇権が移り、中国では中華民国が成立し、ロシアではロシア革命が生じた重要な年代。言わずもがな、第1次世界大戦も1910年代である。

§4.満州国建国の真相と隠された謀略

満州国建国はロスチャイルド家の計画の一端。

石原莞爾にしても勢力を満州国にとどめる予定であったが、戦火が中国全土に広まってしまったのは、ロックフェラーが日本を「そそのかしたから」とのこと。

ということで今度は、「ロスチャイルド&鉄道王ハリマン&石原莞爾」vs「ロックフェラー&小村寿太郎&帝国海軍」という構図。

ロスチャイルドは満州に現在のイスラエルのような国家を作ろうとしていたが、ロックフェラーは日本と中国の争いを中国全土に広げてロスチャイルドの権益をひっくり返そうとしたのだという。

※実際に世界地図を見ると、極東に「ユダヤ人自治区」が今でもあるのがわかる。

確かに、日露戦争後の南満州鉄道を日本とハリマンで共同経営するという計画が実現していたらどうなっていたのか、という思いはある。

帝国海軍が出てくるが、日中の争いを拡大させた張本人は帝国海軍であり、米内光政は大悪人、となる。もっとも米内光政は穏健派にように語られることはあるが、日中関係においてはかなりの強硬派であったのは事実である。

♨ここでは小村寿太郎が悪く書かれているが、倉山満氏の書籍では正反対。米内光政が対中強硬であったことは、この本でイメージ着いた。

★米内、というか海軍は対米に関しては戦争反対なんだけど、中国に対しては強硬策をとった。「海軍善玉論」の影響もあるが、似たり寄ったりの面もある。この事実を見逃すとわけがわからなくなる。

★ロックフェラーが「そそのかした」っていうのは、具体的にどういうことなのか、もっと知りたい…(小学生じゃあるまい・・・)

§5.日中戦争を泥沼化させた帝国海軍

二二六事件にしても、テロ事件で殺された政財界人のほとんどは、「ロスチャイルド、三井、政友会」系という。二二六事件は軍人の内部抗争ではなく、「中国侵略への国内の態勢固め」で、やはりここでも米内光政がかんでいると。

その流れで石原莞爾は左遷。

★うーん、まあ、テロで殺されたのは三井・政友会系、というのは覚えておくと、団琢磨=三井、というのが思い出せるかな。

§6.ロックフェラー家に操られた米内光政

ナチスもロックフェラーが育てた。スターリンもロックフェラーが育てた。毛沢東もロックフェラーが育てた。ロックフェラーは自由主義陣営と共産主義陣営を対立させ、利益を得ようとした、という。

ちなみにレーニンはロスチャイルドが育てたが、「革命の輸出」を言い出したために幽閉された。うーん…。

そして、1938年、大本営会議。アメリカと「内通」していた海軍大臣・米内光政によって日中和平の道は閉ざされ、日本は戦争の泥沼に…と。近衛文麿は「爾後、国民政府を相手とせず」と発表。

★NHKスペシャルを観ても、ロックフェラーは「極悪人」と呼ばれる。いずれにしても戦争にだいぶ絡んでいたのだろう。

§7.真珠湾攻撃の真実

真珠湾攻撃で山本五十六は明らかに「手抜き」をしてアメリカの戦力を温存させた、という。ちなみに半年後のミッドウェー海戦以後、日本はなすすべなし。結局、アメリカにおびき出されて、散っていった…。

日本国内・海軍にも閣僚にもスパイは多数いたという。

★「手抜き」をする意味がわからん!「手抜きをしたかのように見える」、ならわかる。

エピローグ.米内を斬れ!

終戦に伴い阿南惟幾は自刃したが、そのちょっと前に言ったのが「米内を斬れ!」という言葉。これは全てを知ったためではないか?と。

東京裁判で海軍軍人が1人も絞首刑になっていないのもおかしいと。広島に原爆が落ちた時、「これは天佑」と言ったのも、戦争が終わることを指してのものかどうかも怪しい

♨「米内を斬れ!」論争についてはあまり憶測でものを書かないほうが良いのでは…と思う。

★米内アメリカ内通説、どっからそう来るのか、わからない。ただ、日本史的に見ると、米内光政は覚えても覚えなくてもいいくらいのレベル、と思う。

【追記】やっぱり、「真実」って言葉を気前よく使っちゃダメだ。「思想劇画 仕組まれた昭和史」でとどめておいたら、まだ良かった。(しかし、「仕組まれた」って陰謀史観を前面に出すのは潔い。

しかし、面白い。絵もきれい。

書籍はコチラ

思想劇画 仕組まれた昭和史 日中、太平洋戦争の真実新品価格
¥1,512から
(2019/7/18 23:00時点)