~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞『昭和陸海軍の失敗』(2007年、文藝春秋:座談会)~海軍編プロローグ~

続いては海軍について。1868年に6隻ではじまった海軍が、わずか40年で世界第1級の海軍に。海軍の歴史は日本近代化の歴史とも重なる。

副題は「エリート集団の栄光と失墜」。

★英国「イギリスが育てた諸海軍のうち、日本海軍は最高傑作である。」

ところが、日露戦争から40年後には太平洋の藻屑となった。なぜ、世界1級のエリート集団がそこまでになってしまったのかがテーマである。

【大正~昭和海軍の歴史】

1905 日露戦争後、米国を仮想敵国として「八八艦隊」建造計画。(※1)
1921 ワシントン軍縮会議。「条約派」と「艦隊派」に分裂。加藤友三郎のイニシアチブにより戦艦は対英米6割に落ち着く。(※2)
1927 美保関事件。激しい訓練で衝突事故が起き、109人が殉職。(※3)
1930 ロンドン軍縮条約。補助艦にも制限。(※4)
1933 大角岑夫海相(24期)による「大角人事」。条約派の中心人物が次々と放逐。(※5)
1934 ワシントン条約の2年後の更新を破棄宣言。(※6)
1940 日独伊三国同盟締結。
1941 真珠湾攻撃。

(※1)戦艦、巡洋戦艦が各八隻ずつ。

(※2)条約派は加藤友三郎海相(7期)、岡田敬介(15期)ら。艦隊派は加藤寛治(18期)ら。艦隊派をバックアップしたのが東郷平八郎伏見宮博恭王ら。彼らは7割に固執。(しかし、この「7割」にはあまり根拠がない。)もっとも、これは日本海軍が世界No.3と認められた証拠で、スタートを考えれば喜ばしいことであるのだが、日露戦争後に海軍に入ったものからすれば不満であったのだろう。

(※3)軍縮はあっても、「練習に制限はなかろう」と東郷平八郎が言ったことから、「月月火水木金金」と猛訓練していた矢先の事故。

(※4)この時の全権は若槻禮次郎元首相、財部彪海相(15期)。艦隊派は野党の政友会に働きかけて、「統帥権干犯」を持ち出し、浜口雄幸内閣を攻撃。もっとも、これは犬養毅、鳩山一郎といった政友会のメンバーが党利のために利用した面もあり、政治家にも問題がある。海軍側の仕掛人はおそらく軍令部次長の末次信正。

(※5)さらには条約締結に尽力した山梨勝之進(25期)、堀悌吉(32期)といった条約派のエリートを排除。ほかにも谷口尚真(19期)、左近司政三(28期)、坂野常善(33期)らも。堀は海軍始まって以来の英才と言われていた。勝てない戦争に突入したのは戦意旺盛な単細胞だけ残ったためとも。山本五十六も財政面からの問題を諭す大蔵省の賀屋興宣を殴ろうと脅すなど、艦隊派である。

(※6)前年には国際連盟も脱退していた。

【海軍兵学校】

★海軍は間違いなくスーパー・エリート。軍艦の扱い方から国際法、国際マナーなど全てを学ぶ。陸軍の1/3くらいの所帯なのでより人間関係が密である。

★軍艦を外国から受け取る際は艦長から水兵までが現地へ赴いた。水兵レベルまで相当数の人数が海外経験を積んでいたのだ。

【軍令部】

海軍省が内閣に従属するのに対して軍令部は天皇直属。1933年より権限強化。

昭和中期からの軍令部総長

⑮伏見宮博恭王(1932.2.2-)→⑯永野修身(1941.4.9)→⑰嶋田繁太郎(1944.2.21)→⑱及川古志郎(1944.8.2)→⑲豊田副武(1945.5.29)。

【海相】

軍令部が軍令を担当したのに対して、海相は軍政を担当。海軍内で唯一、政治に関わるポジション。

昭和中期からの海相は

大角岑夫(1931.12.13-1932.5.26)→岡田啓介(1932.5.26-1933.1.9)→大角岑生(1933.1.9-1936.3.9)→永野修身(1936.3.9-1937.2.2)→米内光政(1937.2.2-1939.8.30)→吉田善吾(1939.8.30-1940.9.5)→及川古志郎(1940.9.5-1941.10.8)→嶋田繁太郎(1941.10.8-1944.7.17)→野村直邦(1944.7.17-1944.7.22)→米内光政(1944.7.22-1945.12.1)

米内の後を継いだ吉田は三国同盟のストレスで自殺未遂のち、辞任。松岡洋右に説き伏せられて賛成しており、後を継いだ及川はそれを翻すことなく三国同盟に賛成する形をとってしまった。

★及川古志郎は重要な場面で2度、責任を放棄している。1回目は三国同盟締結時、2回目は開戦前の近衛私邸で行われた荻外荘会談。この会談では近衛からも陸軍からも「海軍は戦えないと言ってくれ」と言われていたが、それだと予算がとれないと思って言わなかった。これには近衛の責任もあろう。

★嶋田繁太郎については「嶋田繁太郎の項」参照を。

★野村直邦は「つなぎ」とはいえ、東条内閣における海相。しかし、実質在任期間は1日であったためA級戦犯にはならなかった。

【真珠湾1年前の開戦準備】

★嶋田にしても永野にしてもおそろしいくらい自分で物事を決めない。代わりに誰が決めていたかと言うと、岡敬純(39期)、富岡定俊(45期)、高田利種(46期)、石川信吾(42期)あたりの駐米経験のない対英米強硬派。

★1940年10月1日、彼らの主導で日露戦争以来となる「出師(すいし)準備」、つまり戦争準備が始まってしまう。海軍の場合、この準備を始めてしまうとなかなか後戻りするのにも手間がかかる状態になる。山本五十六は石川信吾の名を挙げて及川に猛抗議するがおとなしい及川は何もできず。石川は1931年の段階で既に日米戦争を企図していた。

【悪名高い第一委員会】

★1940年12月には海軍中央に第一委員会ができる。富岡、高田、石川をはじめ全員が対米強硬。陸軍の南部仏印進駐にしても、しり込みする陸軍を突き動かしたのはこの委員会であったりもする。発足以後、海軍の政策はこの委員会主導で行われた。

★だらしない幹部と血気にはやる中堅将校と言う組み合わせで、組織ごと日米開戦に突入した。

★難局に無難な選択なつもりで無能なリーダーを選んでしまうのは悪癖。

【武士道精神の弊害】

★潜水艦は輸送船を狙うべきであったが、戦争に美学を持ち込み過ぎ。軍艦攻撃を優先させたのは軍令部の要求で、軍艦攻撃は駆逐艦に見つかりダメだから通商破壊に変更したいと上申すると「国賊」呼ばわりされた。

★戦艦撃沈なら60点、商船なら7点、というのも問題。

★補給の重要性を理解していないのは陸海軍ともに日本軍の悪弊。総力戦と言う概念が遂にわからなかった。

★作戦通りにぴったり等間隔に並ぶのも相手にとっては狙いやすい。律儀で生真面目過ぎ。鈍いとも言える。

【人事について】

★航空艦隊のトップがなぜか水雷戦専門の南雲。参謀に経験者をつければいいや、と言うことであるが、そうではなく、空母機動部隊の考案者である小沢治三郎(37期)こそ適任であった。これも年功序列人事。ちなみに参謀の源田実は30代半ばでトップにするには若過ぎと判断された。国運を賭けた一戦にあまりにお役所的。残念ながら現在でもそういう人事は多い。

ミッドウェー海戦直前も恒例の人事異動があり、困る。これでは勝てた戦も勝てない。真珠湾が小沢、ミッドウェーがアリューシャンとの二方面作戦に反対した猛将・山口多聞であれば歴史は変わっていたかも?

★名将は駆逐艦などの艦長に多い。花形部署ではなかったが現場でたたき上げた戦術勘は素晴らしい。キスカ撤退作戦の木村昌福(41期)、ドラム缶移送中にたまたま米艦隊と遭遇し、大勝利をおさめた田中頼三(41期)(ルンガ沖夜戦と呼ばれる。なぜか田中はその後、司令官解任。)など。ちなみに海軍兵学校時代の成績は木村が118人中108位。

キスカ島撤退作戦はコチラ

★ミッドウェーの敗戦で山本を更迭する選択はあっても良かったと思う。すでに英雄扱いされていたことで実現は不可能であったと思うが。

第1章:東郷平八郎・加藤友三郎編はコチラ