~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

★古代ならまだしも、日本にこんなprinceがいたなんてちょっとビックリ。お飾りなどではなく、リアルに「軍人」である。

★しかも、好戦派であることから人事においても艦隊派が優遇された。

【試験に役立ちそうなポイント】

★海軍は元々は超エリート集団。加藤友三郎、岡田啓介、堀悌吉といったラインがその系譜にあたるのだが、ロンドン海軍軍縮会議(1930年)後の人事(1933年:大角人事)で堀悌吉は「条約派」ということで左遷されてしまった。

★それらの軍事を司っていたのがこの人、軍令部長・伏見宮。開戦前の人事も握っていたため、軍令部総長も米内でなく、永野になった。

写真はwikipediaより。

目次

略歴

1875 出生。(大正天皇より4歳上。)
1886 海軍兵学校入学(16期)。
1889 ドイツ留学。(~1895)
1904 日露戦争に参戦。他の皇族とは明らかに異なる経歴であり、決してお飾りではない。負傷までしている。
1932 海軍軍令部長に。艦隊派寄りの人事介入。(→1933~大角人事)(※1)
1933 軍令部を強化し、海軍省の権限を弱める。(※2)
1938 脳出血で右半身麻痺。
1941 軍令部部長を退く。(※3)
1946 死去。70歳。

(※1)伏見宮が決戦論者でなければ海軍の状況はずいぶんと変わっていたであろう

(※2)昭和天皇は軍令部の強化を懸念するが、実際にそうになってしまう。絶大な権力を誇る。

(※3)もう1年長くやっていたら開戦責任を問われて、天皇家の存続に関わっていた可能性も。後任は米内がなりかけていたが、永野を指名。

次章は米内光政・井上成美編