~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【陸軍編1。戦略なき人事が国を滅ぼす】『日本人はなぜ戦争へと向かったのか』(2011年、NHK出版)

『日本人はなぜ戦争へと向かったのか』(2011年、NHK出版。2015年、新潮文庫。)。陸軍史に関しては【昭和陸軍の軌跡】が詳しいが、本書は人事に焦点が当てられている。

【山県有朋】

「根本は非常に深いのですが、ご存知のように日本の陸軍というものは、ほとんど山県さんがやっていたわけだ。だいたい山県さんの意見が参謀総長なり、陸軍大臣なりに暗々のうちに伝わって、そして進められたわけです。大部分の人はほとんど勉強しないわけですよ。山県さんというものがおって、そしてペン先のように動いたわけだな。目を開いてモノをやるということがないわけだ。だから下のほうも永田とかいうような優秀な人から見ると『ああバカらしい』ということになるのですよ」

鈴木貞一元陸軍中将、企画院総裁)

→「バーデン・バーデンの密約(1921)」、二葉会と木曜会が合流し、「一夕会立ち上げ(1929)」に至る。(背景には政治が混沌としていたので、軍人たちが自分たちで何とかしないといけないという思いがあった。)

【人事に着目】

一夕会は人事に着目。すると、大佐以下の人事をほとんど課長のところで決めるということがわかった。だから、課長を一夕会から送り込むという工作をはじめ、岡村寧次が就任した(1929)。以後、永田鉄山の陸軍省軍務局軍事課長就任、東条英機の参謀本部編成動員課長就任など。

【陸軍のシステム:陸軍省と参謀本部】

→陸軍省

→参謀本部

※最近の研究では軍事的な作戦を立案する参謀本部よりも政府に近い陸軍省を人事的に優位に置くことで軍事の暴走に歯止めをかけるシステムになっていることがわかった。陸軍省では大臣や次官になった人のほとんどが軍務局長や軍事課長といった事務方のキャリアを積んでいる。参謀本部でも次長になった人はほとんどが総務部長を経験している。作戦担当よりも事務方(軍政)の権威を高めることでコントロールを効かせていたと考えられる。

→ちなみに・・・

永田鉄山・・・陸軍省軍事課長を経て陸軍省軍務局長

石原莞爾・・・参謀本部作戦課長を経て参謀本部第一部長

武藤章・・・参謀本部作戦課長を経て陸軍省軍務局長

※太平洋戦争開始時の陸軍省軍務局長は武藤章で、参謀本部参謀総長は杉山元。日中戦争開始時の軍務局長は後宮淳(うしろくじゅん)という人で、参謀総長は閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんの)。次長は9人いたが、そのうちの1人が杉山元!

【満州事変】

関東軍には一夕会きっての中国通で知られる板垣征四郎が就任(1929)。1928年から既に赴任していた石原莞爾と満州事変を起こす。満州で事変が起きた場合は、中央が後押しするということになっていたと言われているが(【昭和陸軍の軌跡】)、当時関東軍参謀であった片倉衷によれば、「それはないだろう」とのこと。

♨しかし、資料には「同時代性」と「現地性」が必要である(【コチラ】)。思い出して言われたことというのは、さまざまなバイアスがかかっているので資料としての価値は薄いと思う。1人の回想で簡単にものごとを判断してはいけない。

♨同様に「永田がいれば太平洋戦争は起こらなかった」ともあるが、永田自身は中国を「資源確保場所」と考えており、決して軋轢が起こらなかったとは思えない。(もちろん、杉山元、あるいは東条英機のポジションに永田がおさまっていれば、別の道はあったかも知れないが、それを言い出すとキリがない。)

※満蒙領有論は当時からあったが、匪賊が跋扈し、反日感情が強い満州においては話し合いによる解決が不可能、武力による解決しかない、という考えに至ったという。もちろん、これには蒋介石による北伐の侵攻なども関係しているであろうし、【昭和陸軍の軌跡】によればタイミング的に最も良好な時期を狙った、という見方もできよう。(いずれにしても1つの書籍から判断するのはあまり良いことではないが、なんでこんなに記述が違うんだとも思う。)

【犬養内閣での荒木貞夫】

満州事変に引きずられる形で若槻内閣は解散。政友会の犬養毅に組閣大命が下る。ここで陸相になったのが荒木貞夫【コチラも】。満州事変に揺れる巨大組織を立て直すことを期待されていたが、ここでされたのが誰も予想しなかった人事。

そもそも荒木自身も政治とのバランス感覚が要求される大臣に必要な陸軍省での実務経験がないのだが、要職である陸軍省陸軍次官や陸軍省軍務局長に参謀本部系の人材を登用。陸軍省トップ3が軍政業務経験のない人物で占められるという事態を引き起こした。

(ちなみに次官は柳川平助(12期)、軍務局長は山岡重厚(15期)いう土佐人。柳川平助は226事件で「昭和天皇が不適格なら変えてもいい」と発言したと思いきや、第2次、第3次近衛内閣で入閣。山岡重厚は刀剣鑑定の権威。)

※参謀総長には閑院宮元帥を担ぎ出してロボット化を謀り、参謀本部の実質トップとなる参謀次長には真崎を台湾軍司令官から呼び戻して就任させた。作戦課長には同じロシア駐在経験のある小畑敏四郎(土佐閥)を起用して2ヵ月後には第3部長にまで昇進させている。

※荒木の政策に否定的だった永田は軍務局長にあがると思われていたが参謀本部情報担当となり本流から外れる。永田と小畑はバーデン・バーデン時は盟友であったが、対外政策の相違(小畑は対ソ強硬、永田は対中強硬)から仲違い。【コチラ】

【相沢事件】(1935)

荒木のやり方に不満を持つ政府関係者、皇族も多く、荒木派の評判はガタ落ち。ついに退陣となり、後任には林銑十郎が選ばれるが、林は荒木の評判を聞いて皇道派を中央から避ける。永田は軍務局長に。皇道派は若手将校を利用して大量の怪文書をまいて、永田らを「陸軍腐敗の象徴」と攻撃。これに相沢三郎中佐が共鳴し、永田を日本刀で斬殺する。

【二二六事件】(1936)

二二六事件後の人事は、「党派色が薄い」人材が実務能力よりも優先的に採用されたため、陸軍省では軍政業務の経験のない人材で占められるというような、さらに歪んだ人事となった。これにて、それまでの秩序も破壊される。

昭和史講義:コチラも

【酒井隆】

陸軍士官学校20期、陸軍大学校28期卒業。シナ駐屯軍参謀長であったが、親日系新聞社社長の相次ぐ殺害に際して、上官である梅津美治郎の留守中に勝手に軍を動かし、示威行動。功を焦ったとも言われる(1935年5月)。こうした陸軍同士の内向きの競争が事態を悪化させる。酒井ら天津軍の動きに関東軍も刺激され、板垣征四郎(16期)は冀東防共自治政府樹立(1935年12月)。中央は満州事変で強い態度に出られなかった前例からいずれも承認せざるを得ず、酒井隆は帰国後昇進。

梅津・ 何応欽協定はコチラも

※ちなみに酒井隆はのちの香港攻略の際に司令官として成果をあげる。栗林忠道が参謀長。

写真はwikipediaより。

【増長する現地軍】

陸軍中央は関東軍を抑えるために隣の天津軍を増強するという手段を用いた。天津軍は三倍に増強され関東軍の南下はとまったが、現地では反日運動が激化。関東軍は北へ向かう。

誤算はさらに続く。一夕会、皇道派であった牟田口廉也が天津軍歩兵第一連隊長に就任すると、やはり功を狙い、盧溝橋事件を拡大。

※当時、陸軍中央で関東軍の暴走を止めようとしていたのが石原莞爾であった。

盧溝橋事件についてはコチラも:昭和史講義

【日中戦争】(1937)

★開戦以来、派兵された兵は20万人から100万人に。国家予算の半分が陸軍にわたったとも言われている。縮小を目指していたが、現地は当然反発。(最前線の岡村寧次第11軍司令官など)

★縮小した方が良いとわかっている人物たちも、組織全体ではなく、部門の利益最大化を考えてしまった。

★アメリカは中国撤兵が進まないことを理由に通商条約破棄。武藤章軍務局長は追い込まれていたが、最終的には陸軍の意見に強く出ることができなかった。

【西浦進の書籍】

実際に陸軍との折衝にあたったのが西浦進という人。この人の著書は非常に興味がある。

昭和戦争史の証言 日本陸軍終焉の真実 (日経ビジネス人文庫)新品価格
¥1,026から
(2019/9/27 16:06時点)
昭和陸軍秘録 軍務局軍事課長の幻の証言新品価格
¥3,888から
(2019/9/27 16:07時点)

【徐州作戦】

★日本軍が深みにはまった最大の原因とも言われる。

★数々の反対を押し切って1938年4月、徐州攻略。

★さらに抵抗を止めない中国軍に対して広東、武漢と拡大。

★徐州作戦に積極的だったのが寺内寿一であり、畑俊六であり、武藤章。彼らはその後、中央で出世している。

★そういう人たちが中央に帰ってきて、現地を統制できるわけない。

★優秀なエリートでもそうなる。

【日米開戦】

★中国撤兵が検討されたが、東条英機陸相は「駐兵は心臓である。譲歩に譲歩、譲歩、譲歩、を加え、そのうえに基本をなす心臓まで譲り、それが外交か」と内閣総辞職。もっとも、靖国神社に並ぶ遺族の列を見ると、その気持ちもわかるのだが。

書籍購入はコチラ

次章は陸軍編2