~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【二二六事件の背景を知る!】『§7.二・二六事件と昭和超国家主義運動』(筒井清忠先生)

昭和史講義
『§7.二・二六事件と昭和超国家主義運動』(筒井清忠先生)

【これまでの教科書的理解】

二二六事件は勢力を失った皇道派と青年将校が結びつき、国家改造を掲げて起こしたクーデター。クーデターは失敗し、青年将校の精神的・理論的中心となった北一輝が処刑された。

【新たにまとめるとすれば】

★1918年に老壮会が結成されているように平等主義的思想活動は以前からあった。
★これらの活動の理論的指導者として北一輝が挙げられる。西田税は彼を慕う陸軍青年将校である。
★五一五事件は海軍青年将校、陸軍士官学校生、「愛郷塾」の人々が起こしたもので、北一輝らのグループは関与していない。
★北一輝ら、そして一夕会グループ、九州閥グループはともに荒木貞夫陸軍大臣にそれぞれの思惑で期待していた。
★しかし、荒木貞夫は思ったような成果を得られない。一夕会は皇道派と統制派に分裂。
★永田鉄山により統制派が優位となるが、これに憤激した相沢三郎が永田鉄山を殺害。
★さらに、追い詰められた皇道派が逆転を狙ってクーデターを起こしたのが二二六事件である。
★順調に見えたが昭和天皇がクーデターを拒否。
★北一輝は事件の中心人物ではないが、協力したという理由で処刑。

【関連年表】

1918 「老壮会」が結成される。
1919 「猶存社」が結成される。
1921 「朝日平吾事件」がおきる。
1922 西田税と北一輝が面会。
コミンテルン日本支部として日本共産党結成される。
1924 アメリカで「排日移民法」。
1929 世界恐慌(10月)
奉ソ戦争(7ー12月)
1930 ロンドン海軍軍縮条約(1-4月)
1931 三月事件(3月)
「郷詩会」という会合が開かれる。(8月)
満州事変(9月)
十月事件(10月)
荒木貞夫が陸軍大臣に就任。(12月)
1932 血盟団事件(2-3月)
五一五事件(5月)
1934 荒木貞夫陸軍大臣辞任。後任に林銑十郎。(1月)
永田鉄山が軍務局長に。(3月)
「陸軍士官学校事件」。(11月)
1935 真崎教育総監罷免。(7月)
相沢事件。(8月)
1936 二二六事件(2月)

【戒厳令】

1905 日比谷焼打ち事件
1918 米騒動
1936 二二六事件

【老壮会とは?】

★大正時代は国会議事堂を取り囲んで内閣が総辞職した「第1次護憲運動」など、「群衆の反乱」が起こった時代でもある。

★満川亀太郎、大川周明が中心となりイデオロギーを問わずに集まった結社が「老壮会」である。国内外における貧困層の救出、平等主義が満川の主張であり、この時期は左右両翼の人々が集まっていた。

【猶存社とは?】

★老壮会の中から、左翼的アナキズム、共産主義とは一線を画した平等主義をもった国家主義的運動を展開しようと考えた満川と大川が作る。

★新しい運動のためには新しいリーダーが必要だということで、上海にいた北一輝を迎え入れた。

【北一輝】

★もともと平民社の周辺にいた社会主義的傾向をもった人物(満川、大川も)であったが、のち宮崎滔天(辛亥革命を支援:1871~1922)、宋教仁(中国国民党を設立、議院内閣制を目指すも暗殺される:1882-1913)らとともに中国の革命運動に挺身。

♨宋教仁暗殺の黒幕は孫文であった、という説もあるらしい。当時の中国国民党のリーダーは孫文ではなく、宋教仁であったとも。この人がそのままトップであったら全く歴史は変わっていたであろう。跋扈する軍閥とともに、現代中国史はかなり興味ある。

★1919年の反日運動で、先頭に立っているのがかつての同志たちということを知るや、日本を立て直す決心を固め、「国家改造案原理大綱」を記し、大川周明が秘密出版した。

★「国家改造案原理大綱」の基本は、天皇の大権発動により、日本を平等な社会にしていくということで、まず天皇の名の下にクーデターを起こし、3年間憲法を停止し、両院を解散して戒厳令を敷く間に、貴族院、華族などの特権的な制度を廃止、治安警察法・新聞紙条例などの法律も廃止、私有財産は一定以上は認めず、土地は公有化する。また、地主・小作関係の不平等の解消、労働者の待遇改善、児童の教育権なども保全するというものであった。

★最終目的は列強により支配されている植民地でも平等主義を実現することである。

写真はwikipediaより

【朝日平吾事件】

★朝日平吾という青年が安田財閥当主の安田善次郎に、貧困な労働者向けのホテルを造れと要求、断られたため刺し殺し、自分も自決したという事件。

★遺書の内容から北一輝の影響がもろに感じられた。

【軍縮と北一輝】

★世界的な軍縮の中で、自らの存在意義を問いた陸軍の青年将校らは北一輝の思想に傾倒していく。

★彼らは軍人が中心となり、全世界に社会変革を起こすことを生きがいと考えるようになった。

★西田税が最初に北一輝と親しくなり、彼を通じて若い青年将校らが面会をしていった。

【平民社】

★日露戦争に対しても非戦論を主張。中心人物は幸徳秋水と堺利彦。

★それまで非戦論を掲げていた『萬朝報』が開戦論へ変わったことを機に、1903年、結成された。(このことは試験頻出)

★『平民新聞』は同社が発行した週刊新聞。1903年から1905年まで続いた。

★1901年、幸徳秋水により結成されたものの直ちに解散させられた社会民主党の精神を引き継いでいる。

★幸徳秋水はのち、明治天皇の暗殺を企てたとする「大逆事件」で1910年、死刑。

★当時、マッキンリー大統領が暗殺されるなど世界的に社会主義者によるテロが横行していた。

★解散、再結成を繰り返し、1910年消滅。

【世界恐慌】

★失業者の増加、就職難、農村における女子の身売りなどがおきた一方、財閥の特権性は目立ち、批判された。

【排日移民法と対米感情】

★アメリカの人種差別に対する抗議が国民的義憤を招き、さらにロンドン海軍軍縮条約が追い討ちをかける。

【日本共産党】

★1919年、世界革命の本部としてコミンテルンが結成。

★その日本支部が日本共産党である。

★為政者にとっては間接統治の脅威にさらされたこととなる。

【奉ソ戦争】

★ソ連は軍事力で満州北部の権益を拡大しており、関東軍にとっては脅威となった。

★南からは蒋介石の北伐軍が日本の南満州の権益を脅かしており、日中関係は険悪に。

【三月事件】

★北一輝が青年将校と結びつく一方、大川周明はより階級が上の中堅将校と結びつきを強めた。

★1930年1月、トルコでトルコ革命を見た橋本欣五郎中佐が帰国。桜会という軍人結社を結成。大川は思想的リーダーとなった。

★1931年3月、陸軍大臣宇垣一成を首班とする内閣を目指すクーデターを画策するも失敗。

【郷詩会】

★北や西田の青年将校グループ、井上日召のもとに貧困青年たちが集まって結成された血盟団グループ、橘孝三郎を中心にした農村青年グループ「愛郷塾」が集まった。

★満州情勢の打開のために関東軍が何か起こしたら、国内でも革命を起こす準備を始めた。

【十月事件】

★満州事変に連動するという形で行われたが、具体性は不明。

★陸軍青年将校たちは桜会メンバーは単に自己の権勢欲を満たそうとしていることに過ぎない存在として訣別していく。

♨のちに台湾で共産党と戦った一夕会・根本博も呆れるほど。

【血盟団事件】

★血盟団による。

【五一五事件】

海軍の青年将校、陸軍士官学校の学生、「愛郷塾」の人々による

★裁判となったが「特権階級打倒に農民と共に立ち上がった純真な青年将校」というイメージが連日報道される。

★昭和維新運動の宣伝のような場になり、青年将校らはスター扱い。

北、西田の影響下にある陸軍青年将校グループはこの動きには乗っていない

★これは、前年暮れに陸軍大臣になった荒木貞夫に期待していたからであろう。

【荒木貞夫陸相就任】

★九州閥(反宇垣、反長州。上原→真崎の流れ)、一夕会系(反宇垣、反長州。)、青年将校グループ(北、西田ら)の三者がいずれも期待している状況であった。

★しかし、偏った九州閥人事を行い、対立を招く。

★青年将校グループが期待した経済政策は高橋是清蔵相に押さえつけられる。

★1934年1月辞任、盟友と考えていた林銑十郎を後任にするが、荒木、真崎の評判が宮中を中心に悪いと知った林は、荒木、真崎排除に。

それにより、荒木たち「皇道派」と、永田鉄山を中心とした「統制派」の対立が先鋭化

【陸軍士官学校事件】

★青年将校運動の中心人物、磯部浅一、村中孝次らをクーデター計画容疑で憲兵隊が検挙する。【この人?

★皇道派を次々と左遷。

【相沢事件】

★真崎罷免を永田鉄山の行いと考えて、皇道派の相沢三郎中佐が統制派の永田鉄山を斬る。

【二二六事件】

★追い詰められた皇道派が起死回生に行う。

★岡田内閣を打倒するため、岡田啓介首相、高橋是清蔵相を暗殺、自分たちと立場の違う首相を選ぶ可能性のある元老・西園寺公望、斎藤実内大臣、鈴木貫太郎侍従長、牧野伸顕内大臣も暗殺、渡辺錠太郎教育総監ら軍内の反対派の暗殺・逮捕等を企図したものであった。

♨暗殺とは今の日本ではちょっと考えにくいが、そんなに昔のことでもないことに驚き。

★岡田啓介は間違って義弟を殺害、牧野伸顕は脱出、西園寺暗殺は中止になったが、ほかは大体実行された。

★そして、陸軍大臣川島義之に皇道派よりの政権を樹立するよう要望書をわたし、川島は参内。

★真崎も親しかった加藤寛治、皇道派に同情する伏見宮と打ち合わせ、平沼騏一郎内閣を作ることを伏見宮から天皇に進言。

★しかし、昭和天皇および木戸幸一内大臣秘書官長が、これらの提言を拒み、さらに後藤文夫首相代理の総辞職も拒否。

石原莞爾参謀本部作戦課長は、終始青年将校たちに同情的であったが、結局、クーデターは失敗。

★29日には鎮圧。(♨うるう年でもあったのね。)

北一輝、西田税は中心人物ではなかったが、協力したという理由で処刑

【二二六事件後の勢力変化】

★事件後、皇道派は決定的に勢力を失い、代わって石原莞爾を中心とした石原派(満州派)が台頭。石原は翌年の宇垣内閣の流産、林銑十郎内閣組閣に関わるが、林内閣組閣がピークであり、日中戦争がはじまると今度は石原自身が左遷される。

★以後も東条英機らと、石原莞爾らの対立は続く。

【旧・統制派の争い】

★のち、東条英機、武藤章冨永恭次ら、かつて永田鉄山のもとで統制派として結集していた人々が軍の要職に就いたが、彼らは決して結束があったわけではない。

★つまり、彼らを「統制派」と呼ぶのは誤解である。

一夕会メンバーについてはコチラ

【皇道派のその後】

★皇道派は陸軍内での影響力は失ったが、近衛文麿が皇道派寄りであったため、その影響は残る。

★荒木貞夫、柳川平助の入閣があった。

★太平洋戦争中には親英米派の吉田茂らと反東条で結束。

★終戦後の東久邇宮内閣には小畑敏四郎が入閣。

【昭和の超国家主義運動のその後】

★二二六事件は失敗したが、この運動がもっていた平等主義的発想は様々な形で受け継がれていった。

★北一輝の影響を受けた人物として岸信介が挙げられる。

★これらの運動では「英米=植民地支配特権大国=貧窮にあえぐ民衆の敵=天皇周辺の親英米派」vs「アジア=弱小隷従地域=植民地支配にあえぐアジアの解放を」という構造を生み出した。

この発想はとても強く、太平洋戦争の一因になったとも考えられる

★しかし、北一輝も中国と協力しながら米英と戦う選択をする考えは予期できたであろうが、中国と戦争しながら米英と戦うことなど予想できなかったであろう。

昭和陸軍の軌跡:この辺りから

次章は日中戦争勃発編。はじまりは盧溝橋事件ではない?