~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

★「同じ山本でも権兵衛と五十六では肝心な場面を迎えた時は天と地ほどの差があった」とは井上成美の弁。

この言葉がこの人の全てを表しているような気がする。太平洋戦争の英雄でもあり、太平洋戦争の責任者でもある。

写真はwikipediaより。

略歴

1884 新潟県長岡市で出生。長岡藩士の6男。(※1)
1904 海軍兵学校卒業(32期)。入学時は200人中2位の成績。卒業時は11番。(※2)
1905 日露戦争従軍、日本海海戦。(※3)
1911 海軍大学校卒業。
1919 ハーバード大学留学。
1924 本人の希望で砲術から航空へ転属。
1925 米国駐在。
1929 ロンドン軍縮会議参加。(※4)
1930 海軍航空本部長。発展に尽力。(※5)
1934 ロンドン海軍軍縮会議予備交渉首席。(※6)
1936 永野修身に引き抜かれ海軍次官に。(※7)
1939 連合艦隊司令長官に。(※8)
1941 及川海相に真珠湾攻撃計画を提出。開戦。(※9)
1942 ミッドウェーで敗北。(※10)
1943 戦死。(海軍甲事件。)59歳。

(※1)父親が56歳だった時の子なので五十六。母親も45歳と高齢出産であった。

(※2)山本の問題点は「口が重いこと」。これは学生時代にも注意されている。実際に、真珠湾攻撃にしても南雲に自分の意思を「言って聞かせる」べきであったのだが、実はこれが苦手だったのではないかとも。越後人の気風でもあるかとは同郷の半藤氏。

(※3)足を負傷。腕も危うく失いかけた。

(※4)軍縮に猛反対して周囲を困らせる。しかし、これが艦隊派とみられ出世の糸口にもなる。ただ、山本本人は艦隊派というよりは航空主兵論者。

(※5)飛行機の量産化を進めるなど有能な行政官であった。本来は司令長官より海相の方が似合っていたであろう。一方、精神論者としての一面も。

(※6)海軍を辞めようかと思うほど消耗。同時期の大角人事で堀悌吉が左遷されたこともショックの1つ。

(※7)三国同盟などについて新聞記者などへの応対を一手に引き受ける。人気の原因ともなるが、殺害予告も。

コチラの書籍ではやたら山本が神格化

(※8)そうでもしないと三国同盟推進論者に暗殺されていたであろうと言うくらい。ただ、近衛に「半年や一年は暴れてみせます」と言わずに、はっきりと「できない」と言うべきであったと井上成美。本来、戦争は避けたかったが、日本軍に機動部隊と言う強力な艦隊があったばかりに、「半年や1年は」と言ってしまったのではないか。ガトリング砲をもって官軍と戦った郷里の河合継之助と似ているのではないか。

(※9)南雲に第二撃を命じなかったことが明らかなミスここ一番でいつも甘い。日本海海戦で秋山参謀が七段構えの策を立案していたのとは大違い。奇襲が奇跡的に成功したからサッと帰ろう、では中途半端。

コチラも

(※10)ただ、自分に責任があるとは思っていなかったようだ。命からがら逃げかえった南雲が「もう1回チャンスをくれ」と言うと、「よかろう」。ミッドウェーは明らかに失敗。作戦実行前に数々の反論があっても、「奇襲できれば負けない」と言ってのけた。敗戦の情報は隠蔽された。

ミッドウェーの敗戦を東条英機は知らなかった?

♨山本五十六とその後を継いだ古賀峯一が用兵を誤り、海軍は実力を出せなかったとは元利根艦長・黛治夫。

★なぜ黒島亀人(44期)を重用したのか?

連合艦隊の参謀と言えば日本海海戦の時は秋山真之。このポジションが黒島となった。

しかし、黒島の作戦はあまりに奇をてらったものばかり。人間魚雷とか桜花とかも黒島のアイデア。

山本が宇垣纒をとばしてその部下の黒島と相談することも指揮系統混乱を招いた一因

日露戦争では東郷元帥が秋山真之と話すことなどなく、参謀長の島村速雄や加藤友三郎と話した。

山本の好き嫌いが悪影響。

♨軍令部に「真珠湾作戦」を認めないなら山本長官は辞任するぞ!と恫喝した役も黒島。