~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【日本×弱点!】『日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条』(山本七平、1975年~、角川oneテーマ21)

15万部突破のベストセラー。奥田硯トヨタ財団会長がトヨタ幹部に「ぜひ読むように」と薦めたというが、僕も会う人すべてに薦めたい。

初出は1975年でとあるが、今読んでも「新しい」と感じる。

日本人が陥りがちなところというものを考えてみることは大事だと思う。

決死の思いで「虜人日記」を書いた小松真一氏が掲げた「敗因21カ条」を列記させて頂く。

1.精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。然るに作戦その他で兵に要求される事は、総て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた

2.物量、物資、資源、総て米国に比べ問題にならなかった

3.日本の不合理性、米国の合理性

4.将兵の素質低下(精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は死んでしまった)

5.精神的に弱かった(一枚看板の大和魂も戦い不利となるとさっぱり威力なし

6.日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する

7.基礎科学の研究をしなかった事

8.電波兵器の劣等(物理学貧弱)

9.克己心の欠如

10.反省力なき事

11.個人としての修養をしていない事

12.陸海軍の不協力

13.一人よがりで同情心が無い事

14.兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事

15.バアーシー海峡の損害と、戦意喪失(※編注:バアーシー海峡=台湾-フィリピン間)

16.思想的に徹底したものがなかった事

17.国民が戦いに厭きていた

18.日本文化の確立なき為

19.日本は人命を粗末にし、米国は大切にした

20.日本文化に普遍性なき為

21.指導者に生物学的常識がなかった事

…小松氏が内心で恐れ、骨壺にまで隠させた「本書を没収しそうな相手」が、一体米軍なのかそれとも日本人だったのか、私は少し気になった。…この際、「日本人」が念頭にのぼるのは、私たち体験者だけであろう。常識は、はじめから日本人を除外する。

…いわば、虎の威を借りて、同胞の日本人を米軍以上に苛酷に扱う木っ端役人的日本人に、戦友の遺品まで強制的に捨てさせられたという話を耳にしたか…氏を用心深くさせたのは、おそらくそれである。

  

第1章「目撃者の記録」p18より

是非、第1章だけでも読むべき。

書籍はコチラ↓楽天

日本はなぜ敗れるのか –敗因21ヵ条 (角川新書) [ 山本 七平 ]価格:843円
(2019/7/5 13:09時点)
感想(6件)

電子書籍

日本はなぜ敗れるのか 敗因21ヵ条【電子書籍】[ 山本 七平 ]価格:842円
(2019/7/5 13:09時点)
感想(0件)

amazon

日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条 (角川oneテーマ21)新品価格
¥843から
(2019/7/5 13:10時点)

もちろん、『日本人とユダヤ人』も読んで損はない書。

【中古】日本人とユダヤ人 / 山本七平価格:220円
(2019/10/10 20:24時点)
感想(0件)

【追記】コロナ騒動で改めて思う

コロナ騒動で改めて思うが、この21か条、結構あてはまる。

それが怖い。

第1条で「武器も与えずに」とあるが、まさにそれ。医療従事者に必要な防護服を配らずに、「コロナに気をつけろ」と言っているようなもの。

しょうがないので武器自弁してやっているが、「奈良時代の防人かいっ!」と思わずつっこまざるを得ない。

もう無症状からの感染はあきらめろ、なら、外出制限なんて、すんな。

その代わり、65歳以上はもう助けません、ってなる。(実際に65歳以上は悪化しても挿管しないと決めている病院もある。)

第5条の「一枚岩の大和魂」もうなずける。

外出制限一本槍、では芸がない。

しかも、16条にあるように思想的に徹底したものがない。

21条、「指導者に生物学的常識が無い」というのも頭が痛いところ。大臣にはせめて医療従事者か生物学者などの科学者を入れて欲しい。(ここで言う「生物学的常識」には「心理学」も含める。むしろ、結構重要なウェイト。)

そして7条、基礎科学の重要性と、6条、その実用化。

その他含めてほぼ全部。

結局、10条、「反省力なき」ということが75年経っても変わらなかった。

せめて、もっとわかりやすい言葉でリーダーは指針を示して欲しかった。(緊急事態宣言で首相はやたら「削減」という言葉を使ったが、こんな言葉は話し言葉ではなく、お役所の書き言葉。書き言葉と話し言葉の乖離は明治以降、なくす努力をしていたはずではなかったのか。【コチラも】)

(2020/04/23)