~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【倉山満×満州事変】『学校では教えられない満州事変』(倉山満、2018年、KKベストセラーズ)

倉山満先生の著作は世界史を勉強していた時から通算して何冊も読んだ。それこそ「嘘だらけの近現代史シリーズ」などは新刊が出るたびに買っていた。実にすごい興味を引く文章を書く人だという印象があるのだが、受験勉強の参考になるかどうか、と言われると、答えは「否」

amazonのreviewの評価は非常に高いのだが、逆に混乱をきたす恐れがあるのと、話の脱線がちょっと多い気もするので、あまりお勧めはできない。

しかし、歴史というものは常にいろいろな見方がある方が健全であると思う。倉山先生の著作は受験とは関係なしに、どれか1冊読まれることはお勧めしたい。好き嫌いは別れるかも知れないが、言葉に「力」がある。

さて、今回の「学校では教えられない満州事変」という書籍を読んで考え方が変わった点も多々あったのだが、その1つが「1度失敗した人への歴史的評価」

誰のことを指しているかというと、

井上準之助

この人、世界恐慌に際して金解禁をやった人として知られているが、これは現在の日本史における評価としては「大失敗」と評価されている。

倉山先生も金解禁については「失敗」と評しているが、「金解禁で失敗したからといって、すべてダメだったわけではない。」と擁護。その1つが満州事変後の政情不安におけるリーダーシップ。

この時期、若槻禮次郎が内閣総理大臣であったが、拡大する満州事変に対して右往左往。安達謙蔵内相は憲政会との「協力内閣」を提案したが、これに対して、井上準之助、幣原喜重郎は「単独で行うべき」と主張。(これには民政党内の派閥争いという側面も含んでいたのだが・・・)

結果として単独内閣で事態は解決に向かおうとしていたが、安達謙蔵内相による造反で、内閣は総辞職。(日本史を勉強している人の間では常識とはいえ、一応記すが、当時は内閣の1人でも辞職すると総辞職となっていた。)

戦後の記述では「安達謙蔵悪玉論」が言われていたが、現在は評価が変わってきていて、協力内閣で立ち向かうべきだったというような風潮に学界はなっている。

しかし、倉山先生に言わせれば、「憲政の常道」を守るべく奮闘した井上準之助こそ評価に値する、と。

どっちが正しいのかというのは、何を基準にするかで変わってくるという面もあるのだが、井上準之助という人間が金解禁で失敗したからといって、ほかのことも失敗したであろうという目で見てしまうことは、本質を見る目を曇らせる。

もちろん、1度失敗した人間を擁護して再び失敗を繰り返した服部・辻コンビの例もあるので、「1度失敗した人間こそ良い」という論理もまかり通らないが。

若槻内閣総辞職後は、犬養毅政権となり、五・一五事件がおき、西園寺公望は後継首相に「憲政の常道」を放棄して元海軍の斎藤実を指名、斎藤実内閣において、国際連盟脱退というのが一連の流れである。

しかし、人気さえあれば政治家には誰でもなれるが、良い政治を行うことというのは本当に難しいと思う・・・。

コチラではどちらかと言えば、協力内閣を行わなかったことを批判

amazon

学校では教えられない歴史講義 満洲事変新品価格
¥1,400から
(2019/8/30 19:42時点)

kindle

学校では教えられない歴史講義 満州事変 (ワニの本)

楽天

学校では教えられない歴史講義満州事変 [ 倉山満 ]価格:1,399円
(2019/8/30 19:41時点)
感想(3件)

電子書籍

学校では教えられない歴史講義 満州事変【電子書籍】[ 倉山満 ]価格:1,400円
(2019/8/30 19:41時点)
感想(0件)