~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

自身の経験から

高3の冬のことです。

2次試験で出題されないため、物理化学を随分と疎かにしておりました。

そのため、センター1か月前の模試で物理39点、化学38点でした。

(疎か、というか全く「理解」をしていませんでした・・・)

センター試験1ヶ月前、さすがに焦ってきます。

このままでは本番も点取れる気がしません。

そこで、安いプライドなどかなぐり捨てて、

一番薄い、分野別の、マーク式問題集

をすることにしました。

こんな「薄い」、「マーク式」。

さすがにできて当然だろう、と思いましたが、

現実は違いました・・・。

しょうがないので「教科書」を「一分野」読んで、問題集の該当分野を解きました。

すると、今までわかっていたつもりのところが「全然わかっていない」ということがわかりました。

これでは解けるわけない、ということがわかったのです。

そこからはその分野で「満点」取るまで「教科書」を読み返し、

それが終わったら、次の分野へ行き、

またその分野で「満点」取るまで「教科書」を読み返し、

というのを繰り返して、最後まで辿り着きました。

一番薄い」問題集を選んだのも良かったのかも知れません。

分厚かったら、途中で挫折していたかも知れません。

「一通り」やることで自信もつきました。

公文の広告に、

 

(公文式の良いところは)
「飛び級」もできるし、「理解が止まったところまで下がることもできる」こととありました。

まさにそれ。

そうなると次は、もう少し分量のある問題集をやりたいと思いました。

こんな気持ちになったのは初めてでした。

そして、もうちょっと厚い問題集を買い、また分野ごとに教科書読んで、問題集やって、というのを繰り返したところ、

2週間後の模試で、物理・化学とも80点前後と倍増

この勉強法に確信を深め、さらに別の問題集も購入。

本番のセンター試験で物理89点、化学85点でした。

日本史は覚える量が莫大過ぎるのでこの勉強法は通用しないかも知れません。

しかし、「教科書」の大事さと、「まずは一通り」やることの重要性、「分野別」に行なうことは変わらず大事と思います。

ただ、1ヶ月間英語、数学を全くやらなかったおかげで、本番での英語数学が過去最低点でした。

(数学に至っては得意なはずの代数幾何がわからずパニック。残り10分で確率統計に切り替えました。)

こうならないようにある程度、計画をもってやりましょう。