~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

☞【大逆転への布石】「何でもいいから得意分野を作れ」

こんにちは。

今回は、「どうすれば大逆転を起こせるか」をテーマにしたいと思います。

一点突破あるのみ!

日本史に限らず、なるべくならテストで良い点をとりたいのだけれども、なかなかテストでの成績が上がらない、上がる見込みがなさそうだ、上げ方がわからない、という方へ。

とりあえず、何でも良いから得意分野を作れ~!

おそらく日本史は100点満点のテストであれば、200点とれるくらいの知識があって、(たとえは不正確だが)

やっと100点とれるものだと思います。

そして、100点とりたいな、くらいで勉強していたら50点くらいしかとれないものだと思います。

つまり、どうすれば良いのかと言いますと、

200点とるつもりで勉強すること。

おそらく成績上位者は自然とこれができているのですよね・・・

ただ、これをいきなり実現するのは難しいでしょう。

ですので、まずは、どこか狭い範囲でも爆発的な得意分野を持つこと

定期テスト前に、模擬試験前に「まんべんなく」、という気持ちもわかるのですが、

そんな人はゴロゴロいます。

そうではなくて、文化史だけは誰にも負けない、とか、

幕末維新だけは誰にも負けない、だとか、

鬼滅の刃の「大正時代」なら誰にも負けない、とか、

そうした「ギラギラ」したものを持つことが大事だと思うのですよね・・・。

そして、それを納得するまでやることです。

そうやって1度、どこか得意分野を作ることができれば、それと同じやり方を他の分野ですればいいわけですから、あとはそれが試験までに「間に合うか、間に合わないか」という問題になってくると思います。

というわけで、「まんべんなく」など目指さずに、「クレイジー」に、「ギラギラと情熱的に」、まずは得意分野を作ってください!