~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

コロナウイルス対策中。

テレビのインタビューを見ていたところ、

「この騒動はいつまで続くんでしょうかね~」

と、若干、呑気とも思えるコメントをしている人がいました。

その方を責めるつもりはないのですが、

「いや、騒動が終わった時に、あなたは死んでいるかも知れませんよ。何よりも、もし感染して片岡篤史選手みたいな状態になった時に、医者や看護師が適正数いないかも知れませんよ

と、言いたいです。

最近、報道がちょっと変な方向に行っているような気がします。

「オンライン飲み会の感想」とか、「仕事が減った地下アイドルの動向」とか、

もっと他に伝えるべきことはあるのでは?

と思います。

無症候キャリアの方がいます。

この人が「陽性」であることが判明したとき、相応の防護をしていない医療従事者は数分の診察でも「濃厚接触者」とみなされて2週間の就業停止となります。

私は麻酔科医ですが、麻酔の仕事は曝露のリスクが高いので、挿管、抜管など普通に麻酔をしただけで「濃厚接触者」となります。

よって、防護はもちろん、様々な工夫を行いながら診療しております。

地域で小児科クリニックを営む妻は、発熱患者さんを診ざるを得ないので、さらに輪をかけて(資材も投入して)対策を行いながら、完全防護で診療にあたっております。

その姿勢には身内ながら感服します。

もし、医療従事者が就業停止となった時は、残ったスタッフ、近隣病院などにシワ寄せが行きます。

それが1箇所ならまだしも、2箇所、3箇所となったら…

それを食い止めるべく、やるべきことはやりたいと思います。

幕末・明治時代にコレラで死んだ人が日本だけで37万人【コチラ】、

第1次世界大戦時のスペイン風邪にいたっては全世界で死者1600万人以上、

アメリカ大陸が発見されたことで原住民が全滅・・・

などがあっても人類は生き残ってきたことを考えますと、

生物学的にはおそらくコロナに勝利すると思うのですが、

コロナが原因で死ぬ人が1人でも減るよう、

目の前の1人に全力で診療したいと思います。

もちろん、コロナに気をとられて、思わぬ落とし穴に落ちないように、注意もしたいと思います。【コチラ

以上。

東京都民ではありませんが、東京の友人医師が勧めるポスター。

【追記】(2020/04/22)

そして、今、院内感染対策にフェーズが変わってきた。つまり、患者さんからもらうというより、同僚からもらう確率が上がってきたということだ。しかし、そもそもそんなに休める仕事ではない。NYでは症状なければ濃厚接触してようと休まずに働いているそうだ。

【追記】(2020/04/28)

挿管、抜管といった手技はエアロゾル発生の高リスク。とのことで、巷では「エアロゾル・ボックス」なるものが次々と商品化されている。しかし、メーヨー台に70Lポリ袋を被せれば、これで事足りると思う。勤務先の看護師長さんのナイス・アイデア。ちなみに抜管時はboxの中にゴミ袋入れておいて、そのままポイ。