~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【§6.沖縄は「捨て石」だったのか?本土決戦準備、近衛兵は芋を植えていた。】『データで見る太平洋戦争』(高橋昌紀、2017年、毎日新聞出版より)

【第6章 まとめ】

★1945年6月23日、沖縄戦終結。沖縄戦が行われた時期に日本は既に敗北必至状態。最後の一撃を加えて有利な条件で講和を目指したが、ろくな装備すらなかった。

★沖縄は「捨て石」と言われているが、日本国民は次は本土決戦であろう、と考えていたであろう。

第6章:沖縄は「捨て石」だったのか?本土決戦準備、近衛兵は芋を植えていた

★沖縄戦終結は6月23日。死亡した県民は4人に1人とも言われる。

★本土決戦に備えて新たに150万人を徴兵画策。しかし、主力軍ですら装備充足率が8割以下と定数に達しておらず、銃は持っていても弾薬がないなどの状態であった。

★さらに食料も不足。各部隊に自活のための食糧生産が指示された。飢えた顔をして民家に立ち寄って食料をもらっていた。

★また、銃剣は旭川市電のレールを外して作成したものを使用。水筒は竹製。軍靴は不足し、草鞋の部隊もあった。

★制空権、制海権を失ったために中国、満州に駐屯していた主力の南方への配置転換は難航。兵力を集中できなかったうえに、大本営の作戦指導が現地軍の足を引っ張った。

山下大将はルソン島での決戦を計画していたが、直前の台湾沖航空戦を過大評価した大本営により覆された

★また、これにより沖縄駐屯軍の精鋭部隊が手薄となった台湾へ移動し、代わりの師団は海上輸送が危険であるなどの判断から派遣しなかった。

★3月から日本の海上交通は壊滅開始(「飢餓作戦」)。ドイツは5月8日に降伏したが、日本も米の装備の前に5月の段階ですでにお手上げであった。

★陸海軍は本土決戦で打撃を与えれば、有利な条件で講和できると、またしても独善的な判断。人間爆弾「桜花」(コードネーム:BAKA)、人間魚雷「回天」、特攻艇「震洋」、潜水具「伏龍」からの自爆攻撃などが企図された。

★作家・司馬遼太郎は陸軍戦車将校として、避難民の交通整理をどうすれば良いか大本営に聞いたところ、「轢き殺せ」だったという。沖縄が特殊な状況だったわけではなく、本土決戦となっていたら本土でもそうなっていた。

(沖縄戦で日本軍はスパイ容疑での処刑、強姦、食糧略奪、追い出し、集団自決強要などを行ったという)

★男子学徒は軍人扱いの「鉄血勤皇隊」、女子学徒は軍属扱いの看護部隊「ひめゆり学徒隊」などとなって、「鉄の暴風」と言われた米軍の猛攻撃にさらされた。

【年表はコチラ】

<インタビュー:金子兜太(俳人)>

「国のために死んでいく制度は我慢できぬ」トラック島で「捨て石」体験

★帝国海軍主計将校として南洋トラック島で1年3ヶ月の捕虜生活を送る。

★軍隊は身分制の世界。上から将官、将校、下士官、兵卒、さらに募集・徴用で集められた民間の工員。

ある日、工作部が手りゅう弾を作成。実験をすることになったが、工員が選ばれる。

発火させたとたん、手りゅう弾が爆発して工員の手は吹っ飛び、明らかに死んでいたが、工員仲間が担ぎ上げて病院へ運んだ。

これを見て人間への意識が変わった。明らかに死んでいるのに仲間は放っておかない。それまで人生を甘く見ていた。

★暗くならないように句会などもやった。身分関係なく来てくれた上官もいた。

★皇軍に餓死は禁句。明らかな餓死でも「栄養失調による死亡」とされた。官僚組織とはひどい。

★トラック島でやったことといえば、食糧生産を試みるばかり。この時期、俳句など全くしなかった。

★米軍の収容所ではちゃんと食糧が与えられた。

★国のために働かされ、死んでいくという制度や秩序は我慢ならない。

第7章:アジアで2000万人が死んだ、はコチラ