~只今、全面改訂中~
MONTH

2020年9月

  • 2020/09/30
  • 2021/01/09

☞【銀と倭寇、世界史の中の日本史】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書:シリーズ日本中世史④)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、なぜ、江戸時代は「お米」で納税?という疑問。 「分裂から天下統一へ」を読んで、ようやくこの疑問が解決しました。 考察①:「江戸時代から」ではなく、「豊臣時代には」既に米納。 そのための「太閤検地」じゃ。 考察②:明が「銀」経 […]

  • 2020/09/29
  • 2021/01/10

☞【そして、秀吉の“家来”に。】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『戦国期足利将軍研究の最前線』の、第3部:「たそがれゆく足利将軍家」です。 もしかすると将軍家を再興することができたかも知れないのは、13代将軍足利義輝でしょうか。 しかし、思うように力を発揮する前に、その力を恐れた三好の跡 […]

  • 2020/09/28
  • 2021/01/10

☞【足利家はしぶとい?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、ひきつづき『戦国期足利将軍研究の最前線』。 第2部:「戦国期足利将軍たちの“生き残り戦略”」についてです。 細川氏が権力を持っていたことには変わりないと思うのですが、 だからといって将軍の座を乗っ取ろう、とはならないのが実は […]

  • 2020/09/27
  • 2021/01/10

☞【1493年に何があった?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『戦国期足利将軍研究の最前線』より、 第1部:「室町時代から戦国時代へ」です。 おそらく、あんまり試験には出ません(笑)。 しかし、応仁の乱からすぐに戦国時代になったというわけではない、ということだけは理解して下さいね。 以 […]

  • 2020/09/26
  • 2021/01/10

☞【足利将軍15人言えますか?】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは、『戦国期足利将軍研究の最前線』です。 まず、この本が本屋で「平積み」にされていることに驚きました。 なんせ、テーマがマニアックじゃないですか。 しかし、内容は実に満足しました。 「応仁の乱」ブームの後は「応仁の乱後」ブームが […]

  • 2020/09/25
  • 2021/01/10

☞【国益か、真実か。】『南京事件』を調査せよ(清水潔、2017年、文藝春秋)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは「南京事件」です。 「南京事件」は「プロパガンダ」とずっと思っていたのですが、 「もう一つ上の日本史」では決してプロパガンダとは言い切れない、と書いておりまして、 「積読」状態だったものを、開けた次第です。 最初から「でっちあ […]

  • 2020/09/24
  • 2021/01/10

☞【日台友好!】『台湾はなぜ親日なのか』(田代正廣、2015年、彩図社)

こんにちは。 今回ご紹介しますのは「台湾はなぜ親日なのか」(2015年)。 旅行に行く前に現地の歴史をちょっとでも頭に入れておくのも悪くないと思って購入しました。 東日本大震災の時、台灣からの義援金が253億円で、その半分以上が個人資産。 (ただし、当時の日本 […]