~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~
MONTH

2020年10月

  • 2020/10/31
  • 2020/11/01

☞【1920年代の日米関係は良好】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編⑦

アメリカに対して、「憧れ」と「反感」という相反する2つの感情を抱いている方は多いのではないでしょうか。 特に戦前のアメリカをすべて「悪」とみなすような考えも根強くあるようです。 しかし、日米は「太平洋の覇権」をめぐってずっと争っていたわけではございません。 「 […]

  • 2020/10/29
  • 2020/10/31

☞【ワシントン会議は失敗なのか?】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編⑥

1920年代。 前半と後半で大きく様相が変わります。 1921年の「ワシントン会議」は百田先生同様、てっきりアメリカが日英を切り離すために画策したものだと思い込んでおりました。 実際は、日英の関係はすでに解消に向かっており、また、日英共に九カ国条約の恩恵を大い […]

  • 2020/10/28
  • 2020/10/31

☞【大炎上。21個は多過ぎた。】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編⑤

続いて大正時代における中国との関係について。 対華二十一か条がヤマです。 ・・・その前に。 2019年5月4日、台湾に旅行しておりました。 ホテルの新聞を見ると「五四運動百年目」ということで特集が組まれておりました。 てっきり日本に対する非難が散々書かれている […]

  • 2020/10/26
  • 2020/11/01

☞【ロシア革命には順番がある。】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編④

「第1次世界大戦」で日本は、 イギリスとの駆け引きの末に参戦し(「参戦経緯」)、 アメリカとの駆け引きの末に山東省・南洋諸島のドイツ権益を引き継ぎ(「権益獲得」)ました。 大戦中は「大戦景気」によって空前の好景気となりました。 一方で、「ロシア革命からのシベリ […]

  • 2020/10/25
  • 2020/10/26

☞【本当に豊かなら米騒動など起きないっ!】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編③

続いて「景気」。 欧州諸国は戦争で輸出どころではありませんでした。 そのため、日本はかつてないほどの受注を受けます。 しかし、大戦が終わると1920年には「戦後恐慌」が生じております。 米騒動が起きたのも大戦中でした。 理由はいくつも挙げられますが、末端まで富 […]

  • 2020/10/24
  • 2020/10/28

☞【日本はいかにして南洋諸島を手にしたか?】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編②

「新型コロナウイルス」が問題となり騒ぎが広がり始めた1月頃、 すぐに終息に向かうだろうと思っていた人はいないでしょうか? すぐに終息するだろうと思って4年かかったものが第1次世界大戦、 そして、8年かかったのが日中戦争です。 1914年~1918年の間に「対華 […]

  • 2020/10/23
  • 2020/11/02

☞【第1次世界大戦、日本の選択】「もう1つ上の日本史」で打線を組んだ:大正編①

「もう一つ上の日本史」の「大正から昭和」編。 長いし、内容も濃いので、「大正」編と、「昭和」編に分けました。 まずは、「大正編」。 「大正時代」と言えば、「鬼滅の刃」が大ヒットしましたが、大正時代の「歴史」には一切触れていませんよね・・・ ただ、服装、町並み、 […]