~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

1920年代。

前半と後半で大きく様相が変わります。

1921年の「ワシントン会議」は百田先生同様、てっきりアメリカが日英を切り離すために画策したものだと思い込んでおりました

実際は、日英の関係はすでに解消に向かっており、また、日英共に九カ国条約の恩恵を大いに受けていたようです。

6三 九カ国条約の経済的恩恵は、明らかに日本とイギリスが得ました。(p186)

ワシントン会議

【いつ】
1921年11月~1922年2月

【提唱者】
アメリカ合衆国第29代大統領 W.ハーディング

【参加国】
9カ国。
(日英米仏伊、蘭、ポルトガル、中華民国、ベルギー【覚え方】)

【議題】
太平洋問題の調整
中国問題の解決
海軍の軍縮

【結果】
四カ国条約が結ばれた。(日英米仏)
九カ国条約が結ばれた。(上記9カ国)
ワシントン海軍軍縮条約が結ばれた。(日英米仏伊)

【会議後】
日英同盟は失効
②山東還付条約で日本は山東省返還するも、イギリスと日本の中国への投資額は増えた。独占と言っても良いくらい。石井・ランシング協定は失効。
主力艦保有率が(英米:日:仏伊=5:3:1.67)に決定。海軍は賛成する<条約派>と反対する<艦隊派>に分裂。

※【艦隊派をバックアップしたのが東郷平八郎ら・・・。でも、彼らが主張する7割という数字にあまり根拠もない・・・。

※ちなみに陸軍の軍縮が国内で問題になるのは1922年以降のこと【宇垣軍縮】。

【太平洋問題】賞味期限切れの日英同盟

①辛亥革命以後、孫文と清国の仲介を図るイギリスと日本の間に温度差が出てきた。

②パリ講和会議の「人種差別撤廃提案」をめぐって対立が決定的になった。

③日英同盟が国際連盟規約に抵触するのではないかという議論が生じる。

これらにより、日英双方とも同盟の廃止が望まれていました

バルフォア外相
まあさー、とりあえず四国同盟を結んだけど、

日英同盟を存続すればアメリカに誤解されるし、

日英同盟を破棄すれば日本に誤解されるし、

外交は難しいよ。

幣原喜重郎
百田先生は私がいかにも悪かったかのような言い方をするのですが・・・

制度疲労ですよね・・・

なんでも「幣原外交のせいで」と言うのも辞めて下さい

私、最近、評価高いんですよ。(↓↓)

【中国問題】1914年→1931年の国別の投資額割合

1914年1931年
イギリス38%37%
ロシア/ソ連17%8%
ドイツ16%3%
日本13%35%
フランス11%6%
アメリカ3%6%
アメリカは中国に「経済進出」したというほど「していない」

【中国問題】そもそも「石井・ランシング協定」とは?

倉山満先生の著作には必ず1回は出てくるであろう、石井菊次郎。

倉山先生はとにかく大絶賛。

石井・ランシング協定

①日本の中国に対する特殊権益
②中国領土の保全
③中国に対する商業上の門戸開放、機会均等
などを取り決めた。日本は21か条をアメリカが承認したと解釈したが、アメリカは経済的特権のみを認めたが政治的特権は認めていないと理解。この協定をめぐって解釈が対立した。(詳説日本史研究より一部改編)

【軍縮問題】海軍は「条約派」と「艦隊派」に

帝国海軍は「条約派」と「艦隊派」に分裂します。

艦隊派の主唱者は日露戦争の英雄・東郷平八郎や、戦う皇族・伏見宮ら・・・。

東郷平八郎
艦隊に制限があっても、練習に制限はなかろう!

練習日は「月月火水木金金」じゃーっ!

加藤友三郎全権
・・・
原敬
とにかく列国の日本への誤解を解き、国際間の信望を増進するよう指示しています。

特に、日米関係の円満こそ大事。

(じいさん、黙ってて欲しいな・・・)

日露戦争を体験して、憧れて軍人になったのに、軍縮だなんて・・・
結婚を取りやめにした例もありますのよ。

モダンじゃないですもの。

のちの1933年、条約派の面々は次々に左遷させられてしまいます・・・

英米の信頼も厚かった加藤友三郎が1923年に死んでしまったのは日本にとって痛手か・・・。

「ワシントン体制」という呼び名は古い?

近年では「ワシントン体制」と呼ぶほどこの会議で「体制」が整ったわけではない、むしろ「旧外交の継続」じゃないか?という声も。

太平洋の問題に関しては、四カ国じゃなくて、日米だけで決めれば良かったんじゃねぇの。

「対華21か条後の中国進出」から「ワシントン会議」に至るまで関連年表(1916年~1922年)

1916.7第4次日露協約

極東における日露の特殊権益が相互承認
1916.10大隈内閣総辞職、寺内正毅内閣成立

大隈は加藤高明を後継に推薦したが山県有朋が激怒して寺内に。(対華二十一か条など加藤の政治姿勢を快く思っていなかった。)加藤高明は憲政会設立。
1917.1西原借款

袁世凱の後継者となった段祺瑞に対して巨額の経済借款を与える(段祺瑞政権を通じて日本の権益浸透を図る)
1917.4第二特務艦隊、地中海派兵

イギリスの要求で地中海に派兵。
引き換えに英仏に山東半島、南洋諸島の権益を認めさせる。
1917.11石井・ランシング協定

日本の中国進出を警戒していたアメリカと結ぶ。中国の領土保全と門戸開放、および地理的な近接性ゆえに日本は中国に特殊権益があることを認めさせる。
1918.8シベリア出兵 
1918.9寺内内閣総辞職、原敬内閣成立
1919.1パリ講和会議始まる
1919.5五四運動
1919.6ヴェルサイユ講和条約
1920.1国際連盟発足
1921.11原敬暗殺(→高橋是清内閣)
1921.11ワシントン会議開催
1921.12四カ国条約
1922.1大隈重信没
1922.2山県有朋没
1922.2九カ国条約覚え方
海軍軍縮条約
1922.8ワシントン海軍軍縮条約発効

⑦へ