~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【銀と倭寇、世界史の中の日本史】『分裂から天下統一へ』(村井章介、2016年、岩波新書:シリーズ日本中世史④)

なぜ、江戸時代は「お米」で納税?

ようやくこの疑問が解決しました。

ひとつ。

まず認識として、「江戸時代から」米納ではなく、「豊臣時代には」既に米納

そのための「太閤検地」じゃ。

ふたつ。

明が「銀」経済圏となり、銅の価値が減った。日本への流入も減少。日本国内では私鋳銭が横行し権力者を悩ませた。そのため、基準通貨として「米」が復活した。

世界史では張居正とともに「銀の一括納付」=「一条鞭法」として必ず習うんですよ。中国内の銀だけでは足りなかったので、日本銀や中南米の銀は重宝されます。

みっつ。

明が銀経済圏となった背景には1571年、スペインが「マニラーアカプルコ(メキシコ)航路」を確立したことによる。

これにより太平洋を横断して中南米の銀が大量にChinaに流入した。(日本銀とあわせると、さらに大量。)

航路そのものを発見したのは1565年。発見者にちなんで「ウルダネタ航路」と呼ぶ。

まとめ。

かつて大元帝国は紙幣流通を促進した。

そのため余った銅(宋銭)が日本に流入した。

これにより、鎌倉時代には貨幣による納税が認められた(「代銭納」)。

貨幣での納税が進むかと思いきや、秀吉の時代には銅の流入が減少。

そのため、「米納」に戻り、江戸幕府もそれを継承した。

江戸時代の「鎖国政策」には日本国内の金銀流出を制御する目的もあった。

石高制」、「鎖国制」など、江戸時代の政策は国際環境なしに語ることはできない。

ちなみに、信長から家康の時代にかけて日本人1人あたりのGDPは中国を抜いたと言う。このことはもっと研究されて良いだろう、と。

まとめ2。

改めてこの時代を探ってみると、秀吉の果断さは群を抜いている。

大陸進出も全く躊躇がない。

結果を知っているから無謀に思えるかも知れないが、のちに大清帝国となった後金も、1616年の時点では兵力5万の辺境の一諸国に過ぎなかった。

秀吉の野望はヌルハチが果たした

朝鮮出兵の世界史的意義については良書を求めたい。

気候の違いが痛かったな。

おまけ。

意外だったのは琉球王国。

段階的に島津氏に併呑されたのかと思いきや、1508年の時点では島津氏より明らかに「格上」。

種子島氏、相良氏なども臣下として扱っている。

のち、倭人勢力、ポルトガル人(1511年、マラッカ王国占領)、中国人密貿易グループに押される形で、中継貿易から閉め出される。

万国津梁の鐘が建てられたのは、1458年。

一時的とはいえ、琉球王国は東アジア交易において中心的役割を果たしていた。【コチラも

世界史と日本史が融合するのは幕末が初めてではない。

この時代こそ、世界史の枠組みでもう1度考え直すべき。

「江戸時代は米納だから古い!だからダメなんだ」という言説をたまにみかけるが、こういった知識なしで吼えるのはバカげている。そういう「イタイ大人」が出版業界にも多いので困る。

書籍購入はコチラ↓

分裂から天下統一へ (岩波新書) [ 村井章介 ]価格:924円
(2020/9/25 16:45時点)
感想(0件)
「寧波の乱(1523)」も公貿易が途絶えた原因として重要な出来事です。【コチラ

「ポルトガル人種子島来航(1542 or 43)」は、その20年後に起こりました。(意外と「近い」でしょ。)