~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【決まりごとを作りたい時は・・・】『戦国大名と分国法』(清水克行、2018年、岩波新書)

職場やコミュニティなどであまりにもいさかいが絶えないと、「ルール」を作らねばならない、と思う人はいるでしょう。

もちろん、ルールなどあると面倒くさいし、息苦しいと感じる人もいるでしょう。

どちらの考えも理解できるのですが、戦国時代の大名たちも家臣たちが勝手にケンカしたり、言うことを聞かなかったりすることにうんざりして、そして、家臣たちも大名がわがままな命令を下したりすることにうんざりして、各地で「分国法」が成立しました。

「法の意義」とは、

1)自力救済を防ぐ
(自力救済は私闘につながる。中世の私闘は家々を巻き込んで大騒動に発展する恐れがあった)

2)大名権力の絶対化
(誰のもとに統治されているのかをハッキリさせる)

3)公共性の体現
(ルールがないと、再び「マイルール」が横行する)

4)既存の法の再編
(慣習の明文化)

とのことです。


もちろん、ルール作りなどしなくてもうまくいく社会が理想かも知れないでしょうが、そんなのは「きれいごと」に過ぎないでしょうかね。

分国法を作ったからと言って必ずしも成功に結びつくというわけではございませんが、「ルール作り」の必要性に駆られた時は、是非、本書を一読されることをオススメしたいと思います

(※実際に上記4つを意識しながら「ルール」を作ってみたところ、想像していた以上に効果テキメンでした・・・。)

代表的な「分国法」

塵芥集(じんかいしゅう)伊達稙宗(出羽、陸奥)1536
早雲寺殿廿一箇条北条早雲(伊豆、相模)不明
甲州法度之次第武田信玄(甲斐)1547~54
今川仮名目録(および追加)今川氏親・義元(駿河、遠江)1526、53
朝倉孝景条々
(朝倉敏景十七箇条)
朝倉孝景(=敏景)(越前)1471~81
長宗我部氏掟書長宗我部元親・盛親(土佐)1596
テストには出ないかもしれないけど、ちょっと面白いのが本書の第1章で取り上げられた、「結城氏新法度」(結城政勝、下総、1556)。

家臣への愚痴が結構長々と書かれたりしていて、本人にとっては真剣なんだろうけど妙に面白い。

書籍購入

戦国大名と分国法 (岩波新書) [ 清水克行 ]価格:902円
(2020/7/18 23:15時点)
感想(0件)
戦国大名と分国法 (岩波新書)新品価格
¥902から
(2020/7/18 23:14時点)

追)「大名」というより「国王」、「分国」というより「地域国家」

分裂から統一へ」より。「戦国大名と分国法」。

(戦国大名支配と文書)

★今川・北条・武田ら東国大名は印判状を用いて領国支配。近世へとつながる支配の質を備えていたのは東国大名である。

(分国法の制定)

将軍家を含めいかなる上位者をも戴かない地域国家の王としての気概が感じられる

(戦国検地と撰銭令)

★もともとの国人領には検地できていない。

銅を単位としていたが、一条鞭法により銀が主流になることで銅の価値が低下

★撰銭令が出されるが、私鋳銭は増える一方。さらに倭寇によって大量に持ち込まれる。

★全国的に米が基準通貨として復活した。

♨なんで江戸時代は米を通貨としたのかと言うと、一条鞭法により銅の価値が下がり私鋳銭も増えたためだったのか・・・

(社会の軍事化と「城」)

★城の役割は戦闘や戦術をはるかに超えて広範かつ中軸的なものになっていった。

★村人たちはいざとなれば城に逃げ込む。町全体を囲い込む巨大な「惣構」もできる。

(「地域国家」と大名間外交)

大名と言うより国王。分国というより地域国家

★山伏はどの国家にも属さないことで、メッセンジャーとなったが、唐人も同じ理由で選ばれることもあった。