~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【三成と家康は仲悪くない】『関ヶ原の合戦はなかった』(乃至政彦・高橋陽介、2018年、河出書房新書)

関ヶ原の首謀者は毛利輝元。三成と家康は仲悪くない。

小早川秀秋は戦いの主導権を得た若き賢者である。

「日経おとなのOFF」2019年5月号(下記)の特集を見て、ビックリ。

従来の説は合戦から何十年も後に書かれた軍記物をベースにしているが、一次史料を再検証した結果、

家康と三成は仲が悪くない

という。むしろ石田三成暗殺計画を知った時は、三成は家康に通報したほどである。

そして、これまで西軍の実質の大将は石田三成と考えられていたが、一次史料を検討したところ、

毛利輝元こそ、西軍の首謀者。

という。

秀吉の遺言で政治は家康に託された。

しかし、秀吉の死から10日後に、早くも輝元は浅野長政以外の五奉行と派閥を結成し、家康の勢力削減に動いているのであった。

前田利家の息子、前田利長に至っては徳川家康暗殺を企図。

秀吉の遺言では家康と淀殿が結婚する予定だったのだが、こちらは秀頼の家臣、大野治長らが淀殿を連れて高野山へ逃げ破談に。

前田征伐は関係者の努力で何とか中止になったものの、今度は五大老の1人、上杉景勝が戦争準備をしているという疑惑が浮上して、会津征伐が行われることになった。

そこで、五奉行のうち、増田長盛ら三奉行が、毛利輝元に大坂への出馬を要請。輝元が西軍総大将になった。

というわけで、

打倒家康を目指す輝元と、使命を果たそうとする家康の対立

という構図になる。

さらには、

小早川秀秋は前日の夜、東軍に参加

していたとも(!!)。

よく言う、優柔不断な小早川に家康が発砲して寝返った、なんていうのは大違いであり、

小早川秀秋は優秀な参謀たちの意見を生かして、戦いの主導権を得た若き賢者であったのだ

流れとしては、

前日夜に松尾山で野営していた西軍の別部隊を追い出し占拠。
裏切りに気付いた三成・小西行長らが出陣
これを退却とみなした毛利軍秀元軍が降伏
→三成は福島隊と小早川軍に挟み撃ちにされ処刑。

輝元が引き起こしたこの争乱は毛利家家老・吉川広家の口添えにより、

三成の仕業ということにされた。

これは早く政治を安定させたい家康にとっても好都合であった、というわけだ。

うーん、どうなんだろう?

と思ったら、是非コチラへ↓↓

書籍購入

【楽天】


天下分け目の関ケ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とは-価格:1,728円
(2019/6/10 22:40時点)

【amazon】

天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す”真実とは新品価格
¥1,728から
(2019/6/10 22:43時点)