~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【教科書にはない、足利将軍の歴史】『戦国期足利将軍研究の最前線』(山田康弘編、2020年、山川出版社)

こんなマニアックなテーマの書籍が「平積み」にされていることにまず驚きました
(京都だけ?ちなみに大垣書店烏丸三条店。)

そして、あまりの「読みやすさ」に2度驚きました

もしかすると、「応仁の乱ブーム」の後は、「応仁の乱後ブーム」が来るかも知れません

そう思わせるほどの面白さでした

戦国期足利将軍研究の最前線 [ 山田 康弘 ]価格:1,980円
(2020/6/19 19:45時点)
感想(0件)
戦国期足利将軍研究の最前線新品価格
¥1,980から
(2020/6/19 19:46時点)

9代~15代のプロフィールはコチラ

wikipediaを読んだだけでは、「剣豪将軍」こと13代将軍・足利義輝がなんで三好一族に殺されたのかわからないでしょう。

いや、実際にはまだ「わからない」とするのが正しいところなのでしょうが、どういう背景だったのかということが、この本の序章だけでも読めばわかります。

応仁の乱が終わったのが1478年ですが、その後、すぐに「戦国時代」に突入したわけではありません。

むしろ、その後、どうやって「戦国時代」に突入したのか、興味が湧きませんか?

「戦陣に散った若き貴公子」こと9代将軍・義尚、および「逆境に耐えた不屈の大将軍」こと10代将軍・義稙の「近江遠征」【コチラ】、

日野富子・細川政元らによって将軍の首がすげ替えられた1493年の「明応の政変」と同時期に東で生じた「北条早雲の台頭」、

奇人・細川政元の暗殺(1507年)と、足利義稙の15年に渡る潜伏を経ての復権、

「三好長慶」という「信長の前の覇者」、

「剣豪将軍」こと「13代足利義輝殺害事件」、

などなど、エキサイティングな事件が盛りだくさん。

過渡期こそ学ぶことが多いと思うけど、こんな面白い時代を学ばないのは実に「もったいない」。

冒頭でも触れたように非常に読みやすい本なので、これほど誰にでもオススメできる本はなかなかない。

序章を読むだけでもオススメです。