~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【なぜポルトガルは日本へ来たか?】『バテレンの世紀』(渡辺京二、2017年、新潮社)

バテレンの世紀より。

【3章:日本発見】

なぜ、ポルトガル人が日本にたどり着いたのか
マルコ・ポーロ「東方見聞録」が原因ではない。

【背景:明の海禁政策】

1350年頃より続く「前期倭寇」の影響で明(1368年建国)は海禁政策を行ないました。

しかし、これに中国人全員が従ったわけではありません。

密貿易を行なっていた中国海商は、やがてポルトガル人を味方に引き入れて寧波から離れた対岸の島(双嶼)に拠点を置きました(1540年)

寧波といえば、日本と中国の外交の拠点ですね。(ちなみに「寧波の乱」【コチラ】からまで20年も経っておりません。)

ここに来れば漂着するのも時間の問題だったのです。

※それまでは拠点を持たず外洋をうろうろしていました。

東南アジアで猛威を振るっていたポルトガル人も広州では明軍によって追い返されていた

もし広州あたりをうろうろしていれば、1543年の鉄砲伝来もなかったであろう

カリカットから中国までは16年で到達しているのに、広州に到達してから日本に来るまで20年以上も経過していることを考えると、彼らの眼中に日本はなかったのだと思われる。

日本銀の話も中国人から聞いた。

【後期倭寇とポルトガル人の関連】

その密貿易を行なっていた中国海商は、のち、「後期倭寇」とも呼ばれます。

その構成員の9割は中国人と言われますが、日本人もその武力を買われて参加していました。

そして種子島へ漂着したこの船には、のちに後期倭寇の頭目となる王直も乗っていました。(彼は五島列島に本拠地を置く。)

ポルトガル人はポルトガル船で日本に来たのではなく、中国船で日本に来たのです。

これもそれも寧波の乱(1523)が大きいと思うんですけどね。この件で、正式な勘合貿易が一時的にですが完全に途絶するんです。

後期倭寇も、ポルトガル人も交易の目的は「日本銀」と「中国絹」の交換。

神谷寿禎が灰吹法導入で銀の大増産に成功したのが1533年。

【後期倭寇とポルトガル人の離反】

中国で仕入れた絹は、その4倍の値で日本で売れました。

さらに、そこで得た日本銀は、その金銀比率から中国では、さらに儲けを得ることができました。

のち、ポルトガル人は中国政府と関係を深める過程で、後期倭寇と手を切ります。

まさに「ワンピース」に出てくるような世界ですね。

「ワンピース」をもってして海賊をイメージしている人も多いかも知れないけど、歴史的には、「海賊」=「ほぼ商人」と思って良い。

【ザビエル来航(1549年)】

このような状況下でザビエルの来日がありました。

彼はインドでの布教より、日本での布教に可能性を見出していたのです。

インドには望みがアリマセーン。
日本人のアンジロー、スゴイ優秀デス。
日本に行きマース。
つまり、ポルトガル人は最初は明との交易拡大を狙っていた。
しかし、失敗して外洋をうろうろしていたところ、同じく海禁政策に不満を持つ中国海商と手を結んだ。
その中の一船が偶然、種子島に漂着した。
彼らの交易のメインは「日本銀」と「中国絹」の交換。

1549年、インドでの布教に活路を見出せなかったザビエルは日本へ。

 
ザビエルさんは、2年ちょいで離日してしまうんだけどね。後任のトルレスさんが、頑張ったよ。

あと日本人のロレンソと、医者のアルメイダ。

☞【渡辺京二先生の「さらば、政治よ」はこちら