~2020年、「マンガ日本の歴史」新装版発売開始!!~

☞【鬼滅の刃はなぜ流行?】『鬼滅の日本史』(2020年)etcより

「大正時代」と言えば今や「鬼滅の刃」。

何故流行ったのかを考察すべく、思わず買ってしまいました。

本書もふまえたうえで個人的に考察しますと、

①「鬼」に対する作者の知識が莫大

しかし、イチイチそれに説明を加えていないので、子供が飽きません。

蜘蛛の話とかもちゃんと歴史があるようですが、それには触れません。

当時の政治情勢についてなども全く触れません。

よって、スピード感があるのでしょう。

しかし、随所に深~い要素も絶妙に散りばめています。

たとえば、「柱」が9人の理由。

これには、「出雲大社の建築様式」から来ている説が濃厚のようです。

思わず唸りました。

しかし、そんなことはおそらく子供には関係ないので、知らなくても全然楽しめますし、

知りたくなって調べて知ったらなお楽しめるというのもヒットした要因ではないでしょうか。

②根本的にみんな「鬼」が好き

幼少時より絵本などにも登場する「鬼」は、敵として実にわかりやすいですね。

ちなみに「赤鬼」=「発熱」、「青鬼」=「瀕死」であり、

本書では「新型コロナウイルス流行」も「鬼退治」と結び付けてヒットした要因と考察されています。

しかし、「鬼滅」を観ながら「コロナ問題」を考えている人は少ないのではないか?

というのが率直な疑問ではあります。

「閉塞感を切り裂く系」であることは認めますが、

同様のジャンルのものはおそらく鬼滅以外にもあるでしょうし・・・

というわけで、「ただ単に鬼が好き」なのではないか、と個人的には思います…

③「大正時代」のミステリアスさ

大正時代関連本って、ものすごく少ないですよね。

「鬼滅」では「大正時代」の話がもう少し聞けるかと期待したのですが皆無でした。

しかし、衣装とか風景は大正時代「っぽい」。

よって、「大正」のミステリアス性は増すばかりです。

この「ミステリアスさ」も多くの人を惹きつけた要因ではないでしょうか。

また、本書では「明治」と「平成」、「大正」と「令和」の類似性を挙げて、「時代の転換点だからこそ流行った」ともしています。

しかし、これについては後付け感が否めないかな…と感じます。

炭治郎の衣装にも見られるような、現代にはない感じ、

ああいうファッションも流行に一因と思います。

実際、京都界隈では「ちょっと大正っぽい」和装の増えた気がしますし・・・

今後、「大正時代っぽい」ものは流行すると思います。

鬼滅の日本史 [ 小和田 哲男 ]価格:1,100円
(2020/11/2 15:21時点)
感想(0件)
明治や昭和と違って大正時代を取り扱った書籍はすごーく少ないんですけど、令和時代は「大正時代ブーム」が来る?
「満州」ブームも来るんじゃないか、って勝手に思っています。

「満州」って、なんかミステリアスじゃないですか。