~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

日本は「経済一流、政治三流」だなんて誰が言い始めたのでしょうか。

これだけやっても政治家が誰も殺されないし、一度も戦争が起きていないのは「政治が一流」だからではないか?

と言うような内容が山本七平先生の「日本人とユダヤ人」に書かれていて妙に納得した覚えがあります。

そして、「与党も野党も全部グル」、という疑いも書かれておりましたが、

今回、これ以上自民党に批判が集中すると日本の安定が崩れるという危惧のもと、「わざと」批判の目を自分に向けさせたのではないのか、と思わせてくれたのが、立憲民主党・福山先生。


https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/245347

あるいは、自民党のライバルが「維新の会」になりつつあることや、自粛中に悪遊びしてバレた高井崇志議員よりも目立たなくてはいけないといけないという危機感から「炎上商法」を狙った超政治的判断なのでしょうか。


実際にテレビで見たら、まあ、人の話は聴かないわ、口は悪いわ…

立憲民主党を応援したことはないのですが、税金をこの人たちに払っている身として、実は尾身先生とも事前に話がついていた、と思いたいです。

他にも、「福山哲郎」で調べると、出るわ出るわ・・・。

批判が殺到?自業自得でしょうか。

「日本人とユダヤ人」(オススメ)

安全と水は無料では買えない。しかし、無料で買えると思っているのが日本人という的確な見解。

日本人とユダヤ人 角川文庫 角川ソフィア文庫 / イザヤ・ベンダサン 【文庫】価格:616円
(2020/5/14 06:58時点)
感想(0件)
日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)新品価格
¥616から
(2020/5/14 06:59時点)