~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【中世やっぱり面白い!】『自由にしてケシカラン人々の世紀』(東島誠、2010年、講談社)

テスト的役立つポイント

★足利義詮、足利基氏の室町幕府第2世代は安定した二頭体制を行ったが、1367年に2人が死んでから徐々に関係が不穏に(→1438年、関東永享の乱などに帰結)。

★15世紀後半(応仁の乱後?)に京都は飢饉が生じにくい構造に。この時代、村では名主、沙汰人などと呼ばれたまとめ役が力をつける。幕藩体制もこれがベースでは?と考えると、中世、近世などという枠組みは変わる?そう考えてみると面白いっ!

★頼朝が地頭制度を確立した背景には朝廷が西は平家、北は木曽義仲に囲まれていて物資がとだえる危険があったことも一因。

★浮浪・逃亡の一部は徴税逃れ、行基などの僧もしかり、という考え。

★後醍醐天皇はやっぱり酷い、足利義政無能説に対して、一連の事業=「ニューディール政策」説。

♨古代史における「浮浪・逃亡」&「行基」=「徴税逃れ」の話はビックリした。改めて思うが、安定した時代であれば江戸時代的というか新渡戸稲造式武士道がもっとも役に立つであろうが、時代の転換期に至っては、こういうちょっと外れた、「自由にしてケシカラン人々」が思いもよらない活躍を見せるのではないかと思う。15世紀前半はまだ飢饉続きであったと思うが、15世紀後半に飢饉が減ったことについてはもう少し考察してみたい。

以下、読書メモと雑感。

【序章:江湖散人の眼~可能性としての中世~】

古代史における「浮浪・逃亡」とは貧窮農民の行動のみを指すのではない。むしろ国家によって把握されたくない富を築くに至った、新興の人々こそが「逃げる」のである

★行基の自発的結社を取り上げて、古代NGOについて論じた書では、行基を支持した「知識結」の母体は課税を忌避する先進地域の住人という。(僧尼になることは課税を忌避する有効な手段であった。)

★硬直した時代では「逃げる」ことで、ゆさぶりを持たせる効果がある。幕末の志士たちはその代表。遊学により既存の秩序を飛び越えて新しい時代を創造していくことができる。

★下剋上とは戦国時代の言葉ではない。既に二条河原の落書きにも見られる。

★日本がこれまで「私の権利」が育ちにくかったのは、「私」が「公」の秩序に含みこまれてしまっていたから。大きいか、小さいかという概念において、代官は庶民より大きい→お上、となる。公私は対立する概念になっていない

★「江湖」とは唐の時代、禅宗を志す修行僧が江西と湖南に住む2人の高僧の間を行き来して学んだことに由来する。南北朝期、戦国時代、幕末、と志をもった人々が往来することによって人間のネットワークが新しい社会へと組み変わっていった

【第1部:「ケシカラン」世紀の可能性】

<Ⅰ.内藤湖南の「近代」とフロイトの「中世」>

フロイトの観察は細かい。鼻のほじり方、タオルの使い方、酒の飲み方、贈り物の扱い方、曖昧な言葉の多さ、抱擁の有無、街では吸息しないこと、などなど。なんか、今の日本人と一緒ではないか?

♨おそらく織田信長のことであろうが、「どの指で鼻をほじった」などということまで観察していることは、ちょっと有名。

★さらに、日本では動物を殺すと驚かれるが、人殺しは普通。窃盗で殺されることは欧州ではないが、日本では殺される。正当防衛で殺したとしても死ななくてはならず、逃げたら他のヒトが身代わりとして殺される。堕胎は普通。女の子は自由におでかけができる、妻も自由に旅行ができる。(近代こそ抑圧?)

★我々はもはや近代人ではない。近代こそ最も悲惨な時代、という見方もされる。現代は近代を飛び越えて、中世に近いかもしれない、という状況にまで陥っている

<Ⅱ.中世に向かう現代ーあなたも君も十四世紀人?->

★もののけ姫のジコ坊は網野善彦「異形の王権」の悪党3人を合成して作成。14世紀は悪党の世紀

★後醍醐天皇の無礼講はひどい。酒池肉林。

<Ⅲ.妄想と打算ー双面の後醍醐天皇>

★後醍醐天皇の政策で唯一評価できるのは飢饉時(1321~22年)における関所停止令。

★源平争乱期、北は義仲、西は平氏に囲まれた朝廷が唯一、飢饉状態を解決できると考えたのは頼朝。そのため、生命線である伊勢を義経に握らせ、ここで叛逆が起きれば補給は途絶えるという脅しを使って、地頭システムを認めさせた。

★京都は飢饉が起こりやすく、為政者はこれを自らの政治力を示す機会ととらえる。

<Ⅳ.東アジア史のなかの1349~1350年>

日本国内の動乱期と東アジアの動乱期は見事に一致
①1349~50年は観応の擾乱勃発、鎌倉公方に基氏となった時期であるが、この頃、大規模倭寇が高麗を襲う、琉球で王位交代など。
②1367~68年は義詮・基氏死亡→細川頼之管領就任→足利義満将軍就任→応安の半済令となるが、この頃には倭寇鎮静化。明王朝創建時期。
③1392年、南北朝合一の頃には、高麗は滅亡し、李氏朝鮮が建国。

倭寇について、九州における足利直冬・少弐頼尚の軍事行動時期と倭寇の出現は極めて一致。これは海上に明るい少弐勢が海を渡って兵粮米を略奪したのでは?しかし、それが全てではない。連動の可能性があるにせよ、魅力ある説である。

★足利尊氏、天台座主、関白二条良基が人々に混じって猿楽に夢中。彼らは新人類だ!と怒るものもいた。旧人類の代表が直義。建武式目第一条の倹約令でいきなりバサラ批判。南北朝時代は新旧の時代の転換点でもあった。

<Ⅴ.1367年、2人の公方の死>

統治の時代となると尊氏は必要なくなってしまう。そして起きた観応の擾乱。第2世代(義詮、基氏)は二頭体制を東と西に分けて行う。しかし、2人の死で再び動乱。氏満、満兼の時代を経て、持氏、成氏は明らかに京都に敵意。次世代を担う義満はまだ幼い。細川頼之はひとまずダウンサイジング。

<Ⅵ.ある禅僧の諦念ーあまりに日本的な…作法>

日本社会の人事と言えば世襲とコネ

★禅林世界における<十方住持制>はフェアな方法。ただ、日本は違う。

<Ⅶ.主体なき14世紀と天皇>

★一揆は人々を集めることはできても、既存のシステムを解体することはできない。

★ロラン・バルト「円の頂点に神聖なる無をかくす」

(♨ムムム、深すぎて理解できない…。一揆の連判状を円く書いて、真ん中は何も書かないことの意味など。)

【第2部 戦国時代は人々を自由にしたか】

<Ⅰ.閉塞とV字回復の15世紀>

★義教の時代におきた京都の米商人の結託による仕組まれた飢饉では、米商人6人が裁かれたが、6人で京の七口を押さえられるはずがない。その背後に所司代など与党の商人がいたことは明白だ

★しかし、もう1つ、見るべきポイントとして京都は<閉塞型飢饉>を起こしやすい都市であった、ということである。しかし、15世紀に入ると寛正の飢饉など<流入型飢饉>のパターンが増える。しかし、良く見ると15世紀後半にはV字回復を成し遂げている。これは、京都が<すぐに飢える都市>から、<簡単には飢えない都市>へと脱皮していた時代であった、とも見て取れる。

<Ⅱ.足利義政と寛正の飢饉>

★足利義政は無能と流布されているが、天皇にも批判されたとする幾多の造営事業が難民を救うためのニューディール政策だった、という説もある。途中からは僧の勧進に切り替える(勧進を中間団体ととらえる)などの手も。

※北条泰時は中世史上最高の政治家にランクインされるであろうが、この時期は稀に見る合議制の時代であったことは覚えておきたい。執権時代は前期における北条泰時、後期における安達泰盛が有能な政治家といえ、主従制の頂点に立つことのできない合議制という制度の中から頭角を表したと言える。(※泰時は飢饉、泰盛は元寇という危機があった。)

★15世紀後半のV字回復の原因として、民間団体の存在も考えられるが、政策的なものにより秩序が保たれたのではないか?

<Ⅲ.都市は生きやすいか>

町人の自治獲得は、異分子を排除することで成り立っている

<Ⅳ.惣村は住みやすいか>

戦国時代は中世荘園制(在地領主制)から村請制に代表される村町制への転換、か。和泉国日根荘では1417年に村請制が成立。村と領主の起請契約に基づく定額納入。これにより村の自治がある程度認められる。これにより豊作時の貯蓄などが可能に。村では名主、沙汰人と呼ばれたまとめ役が力をつける。問題点として、
①まとめ役が良い人とは限らない、
②村の行事にお金をとられる、
③より高く払わされることになる、など。
(♨現代でもあるある…)

★別言すれば、近世幕藩体制国家は、中世自治村落の中に胚胎した、といる。<老中ー若年寄>は、<老中ー若衆>と同質。

★しかし、惣村が新しいものを創り出したか?といえば、答えは否新しいものを生み出す可能性をもっていたのは、村民から見て「軽んずべきつまらぬ人、または、モノの数にも入れられない人」とされた江湖散人の側

※都市とは昨日会った人にもう会えないこと、ムラとは昨日会った人にまた会うこと、という説。町内会は「ムラ」的。

<Ⅴ.埋め立てられる間隙ー徳川政治の起源>

★日本は単一民族国家ということを前提とした議論はもう既に破綻。では、どこが境かといえば、沖縄やアイヌではなく静岡県東部の黄瀬川(沼津)

♨鎌倉4代将軍九条頼経もそこで別れの詩を。

黄瀬川流域は日本列島屈指の重要拠点。1180年の富士川の戦では先に頼朝が情報のセンターである黄瀬川流域をおさえたため勝利したのである。また、きわめて生産力の高い肥沃な土地も多く、北条、武田、今川が争う(実質は御用商人の取り合い)。

<Ⅵ.信長は中世を破壊したか>

★中世の神々の権威を否定はしていないが、統合してそのうえに立つという思想。

<Ⅶ.豊臣秀吉が壊し、作り変えたもの>

★東山の大仏殿建立(のち消失)と五条橋の付け替えは関連。1596年大地震、1598年死去、1602年大仏殿消失。五条橋は中の島も撤去され、勧進橋から公儀橋へと変わった。

【終章 江湖放浪を決意すること】

<ⅰ.丸山眞男と文芸的公共圏>

<ⅱ.吉宗の時代の災害ボランティア>

<ⅲ.江戸時代の読書革命>

書籍はコチラ↓楽天

自由にしてケシカラン人々の世紀 選書 2 (単行本・ムック) / 東島 誠 著価格:1,620円
(2019/7/10 07:52時点)
感想(0件)
【中古】 選書日本中世史(2) 自由にしてケシカラン人々の世紀 講談社選書メチエ467/東島誠【著】 【中古】afb価格:1,042円
(2019/7/10 07:52時点)
感想(0件)

amazon

選書日本中世史 2 自由にしてケシカラン人々の世紀 (講談社選書メチエ)新品価格
¥7,899から
(2019/7/10 07:53時点)