~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

『絶滅の人類史~なぜ「私たち」が生き延びたのか~ 』(更科功、2018年、NHK出版)

「700」と「20」と「4」と「1」という数字を覚えてみよう!

【700万年前】

最古の人類はアウストラロピテクスではなく、サヘラントロプス・チャデンシス。

類人猿から人類が分岐したのが700万年前。

人類とチンパンジーの違いは「直立」二足歩行と犬歯の縮小であると言うが、なぜ人類がそうなったかのかはわかっていない。

「一夫一妻制で争いが少なく(→犬歯の縮小)、家族のために食料を運搬するため(→手を使用するため直立二足歩行)」になったのではないか??という説を筆者は推しているがはたしてどうだろうか。

【20万年前】

我々の直接の祖先であるホモ=サピエンスが出現した。

【4万年前】

ネアンデルタール人が絶滅。

ネアンデルタール人はホモ=サピエンスより脳容積は大きいうえ、死者の埋葬をする習慣があったりと認知能力はホモ=サピエンスと同等と考えられ、くれぐれもネアンデルタール人が劣等であったために絶滅したと結論づけてはいけない

惜しむらくは、彼らの絶滅によりホモ=サピエンスは一人ぼっちになってしまったことの方であろう。

また、2010年、クロアチアの洞窟から出現したネアンデルタール人の骨からはネアンデルタール人がホモ=サピエンスと交雑したことが明らかにされた。

さらに、我々のDNAにもネアンデルタール人のものが2%程度含まれていることもわかった。

以前は「猿人→原人→旧人→新人」が一直線と習ったけど、実際はそれぞれがかぶっている時期があった。

【1万年前】

農耕開始。

人類全体で見ると、いかに狩猟の時代が長かったことか

世界史では農耕開始についてもうちょっとしっかり勉強するが、日本史では「何となく」農耕がはじまっている。

ちなみに、「出アフリカ」という点で混同しやすいのは、「人類」として「出アフリカ」を行ったのが180万年前であり(そこからジャワ原人、北京原人などが出現)、

「ホモ=サピエンス」として「出アフリカ」を行ったのが、6万年前、ということ。

一般教養として是非、オススメ。

書籍はコチラ↓

絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか (NHK出版新書) [ 更科功 ]価格:885円
(2019/5/21 14:48時点)
感想(2件)

電子書籍はコチラ↓

絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか【電子書籍】[ 更科功 ]価格:842円
(2019/5/21 14:49時点)

更科先生のコチラも強くオススメ。