~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

つづいて4番。

下関条約によって大韓帝国が成立したわけではない

その間にあった「2年間」を知らないと、事実を間違える。

4三 閔妃殺害事件にまったく触れずに、この時期を説明するのは不正確(p98)

やはり、まずは年表。

日朝関連年表 1895年~1898年

1895年4月17日下関条約締結
1895年4月23日三国干渉

下関条約締結6日後。ロシア、フランス、ドイツが日本に対して遼東半島を返還するよう要求。ドイツの狙いはロシアの目をバルカンから極東に向けること。

※日本はロシアを仮想敵国として軍備充実をはかる。
1895年7月6日親ロシア化

※日清戦争中、朝鮮国王はロシアに匿われていた。閔妃は政権を追われていたが、ロシアの軍事力を背景にして政権奪回。朝鮮は親ロシア国となる。
1895年10月8日閔妃暗殺事件

日本公使・三浦梧楼が中心となりクーデターを起こして閔妃暗殺。閔妃の親ロシア政策に危機感を抱いていた。なお、首謀者については複数の説がある。大院君が擁立される。
1896年2月11日再び親ロシア化へ(高宗ロシア公館亡命:露館播遷)

今度はロシアが後ろ盾となってクーデター。日本は国王を捕らえて廃位しようとする動きをみせたため、高宗はロシア公使館に移る。そして、親露政権誕生。

※とはいえ、朝鮮での利権を獲得したのはロシアだけではない。アメリカ、フランス、日本が進出。日露は議定書を2回も結び、利権を調整。列強のバランスはとれていた。
1897年2月20日高宗、ロシア公使館から慶運宮へ移る
1897年10月12日大韓帝国独立(※大韓「民」国ではない)

国王は「皇帝」を名乗り、日本、清と対等であることを表現した。「日本」と「清」から独立したことを記念して独立門が立てられる。ロシア人建築家サバチンが設計施工。

※朝鮮に影響を及ぼしていたのはロシアだけではない。アメリカ、フランス、日本も進出してバランスがとれていたからこそ、独立できた
1898年3月23日ロシア撤退

1898年3月15日、ロシアは清国と旅順港・大連湾租借に関する条約を結ぶ。これにより不凍港が手に入ると、大韓帝国への関心は失われ、全てのロシアの軍事・民事アドバイザーが撤退した
1898年4月25日西・ローゼン協定

外務大臣西徳二郎、駐日ロシア公使ローゼンが東京で会談。

①ロシアは韓国への日本の非軍事的投資を妨害しない。
②日本は満州におけるロシアの勢力範囲を認める。
③ロシアは韓国が日本の勢力範囲になることを認める。

これにより朝鮮半島におけるロシアの影響が完全に払拭された。(1898年時点で朝鮮がロシアの領土になるという脅威はない。ロシアは満州進出に力を入れるようになった。ただ、高宗と政府は日本の支配を望まず、ロシアとの関係を強化したいと考えていた。)
つまり、下関条約によって大韓帝国が成立したわけではない

ロシアだけが朝鮮に進出したわけでもない

なお、シアは旅順・大連を獲得してからは大韓帝国から撤退している。

この3点は覚えておこう。

もう一つ上の日本史はコチラ

もう一つ上の日本史 『日本国紀』読書ノート 近代~現代篇;キンダイゲンダイヘン [ 浮世博史 ]価格:2,640円
(2020/10/12 08:37時点)
感想(0件)