~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【歴史小説の面白さをちょっと触れる『秘伝・日本史解読術(荒山徹、2017年、新潮新書)】

この人の面白いところは、

日本に伝わった仏教は。オリジナルの仏教ではなく、ウルトラマン仏教だったー。

としたこと。

たしかに法華経ではブッダが空を飛んだり、浄土教にいたってはブッダが阿弥陀ブッダになっていたり・・・(ウルトラマンで言えばウルトラマンセブン)

聖典なんて読んだことないから、そんなことになっていたとは知らなかった。

さらに、

「日本に仏教が公式に伝来したのはいつのことか?」

①552年もしくは538年

②1935年

という質問の答えも、ウルトラマン仏教なら①、公式な仏教(=南伝大蔵経)なら②と、明快な答え。

ほか、

「稲作が縄文時代から始まっていたことは常識」、

「弥生人が大量に渡来した形式はなく、縄文人が弥生人になっただけ」、

「4世紀は謎の世紀ではなく、倭国が朝鮮に軍事的に攻め込んだ世紀」、

「奈良時代以前の史料なんてほとんどないので、本気で考えてもわからない」、

白村江の戦いは復興詐欺」

などなど、実に歯切れが良い。

堅苦しい話ではないので、電車の中とかは用語集とにらめっこするのではなく、こういう本を読んでリラックスするのが良いと思う。

書籍購入

楽天

秘伝・日本史解読術 (新潮新書) [ 荒山 徹 ]価格:880円
(2019/11/6 02:59時点)
感想(2件)

電子書籍

秘伝・日本史解読術(新潮新書)【電子書籍】[ 荒山徹 ]価格:880円
(2019/11/6 02:59時点)
感想(0件)

amazon

秘伝・日本史解読術 (新潮新書)新品価格
¥880から
(2019/11/6 02:58時点)

古代史講義戦乱篇:白村江の戦いはコチラ