~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【ポルトガル船の沈没とポルトガルの翳り】『バテレンの世紀』(渡辺京二、2017年、新潮社)

バテレンの世紀』第15章より。

イエズス会の伝道」と、「ポルトガル人による長崎貿易」という単純な構図は、家康の時代に複雑化した。

伝道にはスペイン系修道会が参入し、貿易にはオランダ、イギリスの参入があった。

そのような状況下で、1610年、「マードレ・デ・デウス号」というポルトガル船沈没事件が生じる。

マードレ・デ・デウス号爆沈

1585年、ヴァリニャーノが教皇に働きかけることでスペイン系修道会は来日禁止を言い渡されていました。

しかし、これも徐々に緩和され、1608年になると日本への入国が自由になりました。

そして、家康の「全方位外交」により、長崎は「イエズス会」に加え、「フランシスコ会」、「ドミニコ会」、「アウグスティノ会」がしのぎを削る場となります。

貿易面ではフィリピン政庁からの貿易が増加しました。

フィリピン政庁は、小麦などの食糧や、日本からの武器類および傭兵が欠かせませんでした。

なんせマニラで武器をとれるスペイン人は700人ほどだったので、日本人傭兵300人が中国人の反乱鎮圧に有効だったという件もあります。

戦国時代を経て、日本人兵士はなんせ強かった。

一方、ポルトガル

フィリピン商船増加に伴い、生糸の取引価格が暴落します。

そのため、マカオー長崎貿易で得られる利益も徐々に減ります。

そこへオランダが追い討ちをかけます。

かねてより独立戦争を行なっていたオランダですが、1609年、北ネーデルラント7州がスペインと12年間の休戦条約を結びました。

これにより、オランダは独立国の地位を得ます。

しかし、発効は「翌年」です。

そのため、それまでになるべく多くの東アジアのスペイン、ポルトガル艦隊に打撃を与えるようオランダ東インド会社は攻勢をかけました

1つの標的が日本へ向かうポルトガル船「マードレ・デ・デウス号」。

「マードレ・デ・デウス号」の拿捕には失敗しましたが、この船を追っているうちにオランダ船は平戸へ入港します。

この珍客を領主の松浦氏は大歓迎し、「オランダ商館」のはじまりとなります。

松浦氏は貿易のうまみを長崎にとられて悔しがっていました。

ただ、この「マードレ・デ・デウス号」を沈没させた原因はオランダではなく、日本でした

発端は1608年。

マカオにて、治安を乱した有馬氏の家臣が現地のカピタン・モール(最高位)であるアンドレ・ペッソアに殺されます。

マカオ事件」です。

当時、日本人が海外で暴動を起こすことは日常茶飯事じゃったんだがな。

家康はこのことを知ると激怒しました。

ただ、激怒した理由は、ペッソアが有馬氏の家臣を殺害したからではなく、「この件を自分に知らせなかったこと」でした。

紆余曲折を経て、有馬氏は長崎奉行・長谷川藤広と組み、マードレ号を攻撃します。

戦いの最中、マードレ号乗員が投げた焼弾が床に落ち、引火して帆が燃えた際、ペッソアはとっさの判断で、火薬庫に点火しました。

この船に搭載されていた生糸は、当時の日本の年間生糸輸入量に相当する量でしたが、マードレ号は日本人に占拠されることなく沈没しました。

この一件で、日本とポルトガルの貿易は一時、途絶えます。

この件は貿易の利益を独占しようとした長崎奉行・長谷川藤広と、領主・有馬晴信のいざこざへとつながり、「岡本大八事件」が起きるわけじゃな。
しかし、ポルトガルはあれだけの海上帝国を維持するためには人口が少なすぎだろ。

逆に言うと、よくそれまであの人数でやっていたものだ。

まあ、これからはオランダの時代だがな。