~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

東大理Ⅲ卒業のとある女性研修医が、

「都市部の進学校では倫理政経を11月くらいから始めるのが王道なんですよ」

と言っていた。

そりゃ、受験だけを考えたら理系学生は日本史など避けた方が良いだろう。【日本史のココがダメ!

難関大学に入る学生で歴史を選択した人は1割程度であろうか。

彼らは配点の低い「センター社会」に割く時間を極力削っているのだ。

時々、歴史を選択して難関医学部に合格した人に遭遇するが、かなりレアではある。

もっとも本当に無尽蔵の学力のある人は日本史勉強など全く苦にしていない…。

しかし、いずれ日本を背負うかも知れない彼らが「日本の歴史も世界の歴史も学ばない、知らない」というのは日本全体にとって良いことであろうか??

「エリート」こそ様々な教養が必要とされると思うので、是非とも歴史の勉強をして欲しいと思う。

人間の脳など、縄文時代からそんなに大きさは変わらない。

どんなにテストができる人であれ、意外と考え方は「原始的」であったりする。

良い大学を出て、良い論文を書いたら教授になれて、教授になれたら人望も得られて良い教室運営ができる、そしてそのうち病院長などになれる、と本気で思っているような人がたまにいるのだが、そういう人こそ「数ある武家の棟梁候補の中からなぜ源頼朝が棟梁に選ばれたのか?」とか「なぜ太平洋戦争で日本は負けたのか?」などということを考察してみて欲しい。

しかし、現状、歴史の勉強は倫理政経などと比べて「分厚い」。

ただ、「歴史をほとんど勉強していない大人」を再生産しないために、もうちょっとコンパクトな歴史科目があっても良いんじゃないかな。

そういう面で新科目「歴史総合」に期待。

「若者の歴史離れ」と嘆く人もいるが、結局、問題は「若者」にあるのではなく、カリキュラムと難易度なのだ

大学生・社会人は歴史検定を。【コチラ

【追記】(2019/08/19)

さらに言うと、私立中高一貫教育の試験は、算・国・理の3教科であったりする。

国語は重要だと思う。

算数も理科も大事だ。

大事なのはわかるのだが、あまりに算数の配点が高すぎないか?と思う。

ただ、地球温暖化について考えることと、植木算が解けることと、どっちが大事なのか、ということはよく考えて欲しい。

このような「社会に全く興味はないけど、算数はやたらできる小学生」が名門私立に入り、「社会なんて3ヶ月くらいしか勉強しない」で、難関医学部に入る。

つまり、小学生のうちから歴史など何一つ勉強しなくても、「高学歴」と言われてしまうのだ。

学生に罪はない。

しかし、もし社会に目を向けることができるような人材を育てようと思ったら、算数と社会の配点をもう少し偏りなくした方が良いのではないか、とやっぱり思う。