~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

さて、家綱就任(1651)から綱吉死亡まで(1709)。家綱は就任29年と意外と長く、その弟である綱吉も就任29年と長期政権。大陸では明から清へ交代して安定に向かう時代でもあり、日本も安定へと向かう時代であると言うのがポイントである。

4代:家綱…イエスマン将軍

1641 誕生。
虚弱体質でとにかく過保護に育てられた。家光38歳時の児。
知的障害もあったようで、幕政に参加することはほぼ不可能。

(♨数々の逸話を見ると、知的障害説に疑問符。)
1642 寛永の大飢饉。
1643 世子待遇決定。
1644 綱重誕生。当時4歳。
1646 綱吉誕生。当時6歳。
1651 家光死亡。将軍就任。11歳。
由比正雪の乱末期養子の禁緩和
(※結果的に末期養子を認めずに取り潰しを増やすと、浪人が増えて治安が乱れる。)
1653 酒井忠清の台頭。
1657 明暦の大火。(※江戸の町60%が焼ける。)結婚。17歳。
1659 本丸復興。天守は再建せず
(♨保科正之の意向もある。必要ない、と。)
1662 松平信綱(67歳)、酒井忠勝(76歳)死亡。
1663 武家諸法度で殉死の禁止
1666 酒井忠清、大老就任。
1669 シャクシャインの乱
1680 心不全で死亡。40歳。徳川宗家の血統は途絶える

★4代将軍家綱は、家光の長子。就任期間は意外と長く、29年にも及ぶのだ。この時代、下馬将軍と呼ばれた酒井忠清の台頭があったとされるが、結局、綱吉の代となると失脚するので、あんまり覚えておかなくて良い。しかし、酒井忠清は僕自身の地元の藩主と言うこともあり、小学校で習ったし、「下馬将軍」というせんべいも食べたことがある。

★由比正雪の乱は【コチラ】を見れば良いとして、1つ、注目したいのは1657年の「明暦の大火」。これで江戸城も被害を受けたのであるが、本丸は再建されなかった。「だって、もう戦の世じゃないから、不要でしょ」といった感じ。それくらい徳川幕府が安定政権となっていたのである。(※明暦の大火の翌日に新井白石誕生するが、それは次章で。)

★しかし、戦乱は思わぬところから。1669年、シャクシャインの乱が蝦夷で起きる。これ、コシャマインの戦(1457)とどっちがどっちか分からなくなってしまうことがあるかも知れないが、「社員は江戸」と覚えておこう。江戸時代は「武士のサラリーマン化」が起きた時代でもあるのだ。(一方、「mineは室町」。)

5代将軍:綱吉…ヤリスギ将軍

1646 誕生。
1648 同母兄亀松、3歳で死亡。
1649 慶安のお触書
1651 家光死亡、家綱将軍に。由比正雪の乱。末期養子の禁緩和。
1661 兄・ 綱重、甲府に綱吉、館林に。16歳。
1663 武家諸法度で殉死の禁止。
1664 結婚。19歳。
1665 大名の証人制廃止。
1671 伊達騒動。
1678 兄・綱重死亡。
1680 長兄・ 家綱死亡。宗家相続。将軍就任。大老酒井忠清罷免
(※大奥がらみも激しかったが、綱吉の母が八百屋であったことなどを理由に綱吉就任に反対した。結果的に堀田正俊が独断で家綱が綱吉を養子に迎える形式をとり綱吉就任)。
この時、35歳ちなみに身長124cm
1681 堀田正俊大老就任。(※極めて厳格。正論人間。)
1682 柳沢保明相手の講義開始。以後、毎年の正月行事となる。
(※家光は子供時代に時代背景からちゃんと勉強できなかったことを悔やんでおり、息子にはちゃんと勉強させたいと思ったため、勉学はずっとやっていた。)
1683 長男・徳松(5歳)死亡
武家諸法度第1条が「文武弓馬の道」から「文武忠孝」となる
1684 堀田正俊刺殺。
1685 生類への禁制始まる。40歳。
(嫡男に恵まれず桂昌院=お玉と親子で占いにはまった結果。)
1687 生類憐みの令始まる。
以後、繰り返し発令。42歳
(※結果的に嫡男は生まれず。)
1688 柳沢保明(31歳)、側用人へ。(※先祖は甲州武田の家臣。)
能力主義を切り開いたとも言える。
1695 元禄小判に改鋳
(※萩原重秀)
1701 柳沢保明、松平姓を賜り、松平吉保となる。56歳。
1702 赤穂事件
1703 江戸大火・大地震・全国的飢饉
1704 長女・鶴松死亡(28歳)
1705 母・桂昌院死亡(79歳)
1706 松平吉保(柳沢保明)、大老格に。
1707 宝永地震・津波・富士山噴火
(※東日本大震災に匹敵するとも。それまでは盛んに新田開発がされていたが、なんでもかんでも開発すれば良いものではない、という姿勢に変化。農民は農業書を読むために寺子屋に通い、読み書きの勉強をする。農業は知的な職業。)
1709 死亡。64歳。

★近年、評価が上がっているのが綱吉。生類憐みの令はとんでもない悪法と思われていたりもしたが、処刑された人数はそれほど多くなく、「辻斬り御免!」とか言ってた時代から、人間含めて生き物を大事にするようになった、という説もある。

★また、再評価されているのは元禄小判、萩原重秀。それよりも家康の頃にはたんまりあった金は、家光がだいぶ使い込んで、綱吉の頃にはだいぶ目減りしてしまっていたらしい。

★綱吉というと、「生類憐みの令」ばかりが有名かも知れないが、ほかにも「赤穂事件(1702)」、「宝永大地震(1707)」などの事件もあった。また、綱吉の代で武家諸法度第1条が「文武弓馬の道」から「文武忠孝の道」になったことは頻出なので押さえておきたい。息子、娘に先立たれ、晩年は大地震に見舞われ、さらには遺骨から推測された身長は124cmなどということを知ると、権力をふりかざして悪法を押しつけたというイメージは、だいぶ変わるであろうか。

次章はコチラ:家宣・家継編