~「もう一つ上の日本史」出版に伴い、勉強方法も変える必要が出たので、全面改訂突入します~

☞【尊王論は宝暦事件以前に存在する。】『日本人は日本人をどう見てきたか』(田中優子編、2015年、笠間書院)

はたして日本人はいつから自分たちのことを「日本人」だと思っていたのでしょうか?

今まで漠然と、

明治時代になって日本が1つになって、そこでようやく日本人という意識が芽生えた。それこそが近代国家の始まりだ。

と考えていましたが、どうやらそれはあまりにも、大雑把過ぎたと思い直しました。

まず、日々の生活で私たちはどれだけ自分が「日本人」であることを意識して生活しているでしょうか?

おそらく、一般の人は外交の問題が生じたときや、震災や事故などが生じたときに自分が「日本人」であることを意識するものの、日常生活では「自分が日本人」だと意識する機会は少ないのではないでしょうか。

それは江戸時代においても同じ。

庶民の人だって毎日、「自分が日本人」だと思って過ごしてはいないものの、いざ国の危機に際しては「日本人」という意識が湧きあがっていたものと考えます。

これは少なくとも江戸前期には既に始まっていると考えます。

有名なところでは垂加神道の山崎闇斎(1619~1682)

「朱子学」と「神道」を結びつけた人ですね。

そんな人が幕府を支えた会津藩で指導しているわけです。

さらには、のちに近松門左衛門(1653~1724)と組んで義太夫節の祖となった竹本義太夫(1651~1714)

彼は農民出身ですが、彼が最初にやった浄瑠璃は「神武天皇東征の物語」です。

のちにゴロウニンの世話をすることになる村上貞助はゴロウニンと文明論を語る過程で「歴代天皇を覚えることなんて普通の日本人なら当然」と言った話がありますが、

「尊王論」であったり、国学、水戸学であったりというものは幕末に突然沸き起こったわけではなく、最初から日本人の中に「あった」のでしょう。

さらに注目すべきは、儒学者の山鹿素行(1622~1685、古学派、および山鹿流流兵法の祖)。

山鹿素行。from Wikipedia。

「華夷秩序」において、中国が「華」、日本が「夷」と長らく考えられてきたと思われるのですが、山鹿素行は

日本こそ「華」だ
 

ということを「中朝事実」(1669)で主張しているわけです。

理由としては、中国は王朝がコロコロ変わって家臣が君主を殺すことが何度もあることに対して、日本は「万世一系」、天皇家が続いているというのです。

350年経った現在でも全く同じことを言っている人がいますね。

山鹿素行(やまがそこう)、覚えておきましょう。

これが吉宗の時代に活躍した荻生徂徠(おぎゅうそらい:1666~1728、古文辞学派)となると「中国主義」になるんですな。

なんせ、日本橋から品川に引っ越した時、「唐に二里近い」と答えたっていう話もありますしね。

山鹿素行は赤穂藩ともつながりがあるのですが、荻生徂徠は赤穂浪士を切腹させたんですね。「儒学者」って一括りではなく、全然違うのです。

さらにその下の世代、本居宣長(1730~1801)となると、

「日本はもともと直き心を持っていたが、漢意(からごころ)により汚された、よって、以前に戻さねば。」

となるんじゃがな。

こちらも参照。

日本人は日本をどうみてきたか 江戸から見る自意識の変遷 [ 田中優子 ]価格:1,980円
(2020/7/27 08:53時点)
感想(0件)